Beプログラマー

未経験からプログラマーになるための勉強法や転職術、業界情報などを現役プログラマーがわかりやすく解説

プログラマーの種類

未経験からJavaプログラマーへ!仕事内容や転職方法まとめ

更新日:

未経験からJavaプログラマーへ!仕事内容や転職方法まとめ

あなたはJavaプログラマーというお仕事をご存知でしょうか?

もしかしたらコンピュータに詳しい方だったら聞いたことがあるかもしれません。

Javaはあらゆるコンピュータに使われている超有名なプログラム言語なのです。

そして現在IT企業でJavaプログラマーの需要は高く、企業に求められているプログラマーの1つでもあります。

今回はそのJavaプログラマーの仕事内容や待遇、年収、未経験からの転職方法についてお伝えします。

ご興味がある方や転職をお考えの方は、ぜひ読んでみてくださいね。

Javaプログラマーとは

Javaプログラマーとは、文字通りJavaというプログラム言語を使って様々なシステムをプログラミングするプログラマーのこと言います。

ここで、Javaというプログラム言語について簡単に説明します。

Javaプログラムの特徴としては、プラットフォームに依存しない環境でプログラムを組むことができます。

例えば、C言語というプログラム言語を使ってWindows環境でプログラムすると、ほかのMacなどの環境では当然動きません。

しかし、Javaで開発した場合にはどちらでも動かすことができるのです。

その上、最近ではAndroidやWeb環境でも利用することができ、様々なサービスの開発にも利用されています。

Javaを利用して開発されたものとして有名なものは「Google検索」、「Evernote」、「Twitter」などがあり、数々の超有名Webサイトで利用されています。

さらにJavaはゲーム開発などにも利用されており、あの有名な「Minecraft」もJavaで開発されました。

このようにJavaは私たちの生活を支える、多くのサービスに利用されています。

プロさん
Javaプログラマーは、Javaを通して色んな仕事に携わることができるんだ。
ビギナーくん
様々な企業で必要とされていることも納得できますね。

超有名サイトの多くがJavaで開発される理由

なぜ、Javaというプログラミング言語がこれらの有名サイトで利用されているか?と言うと・・・

それは言うまでもなくJavaは非常に優れた言語だからです!

まず理由の一つとして、読みやすさやオブジェクト指向という整理しやすい言語仕様であること。

そして最も優れている点としては、他のプログラム言語より処理が高速な点です。

プログラムにとって処理速度が速いことは非常に重要です。

プロさん
もしビギナーくんが、ウェブアプリケーションを利用していて処理が終わらず、なかなか画面が切り替わらなかったらどう思う?
ビギナーくん
僕だったらアプリが起動することを諦めたり、使う事自体をやめてしまうかもしれません。
プロさん
そうだよね。
処理速度が遅いと利用者が減ってしまうこともあるから、ウェブアプリケーションを含む様々なアプリケーションでは処理速度、快適さはとても重要なんだ。
開発側にとってもJavaの高速な処理速度はなくてはならないものなんだよ。

Javaにはもう一つ優れている点があります。

さきほどお伝えしたWindowsやMac、LinuxなどのOSが変わっても動かすことができるという点です。

開発したものを別OSで動かせるということは、その分だけソフトウェアを販売できるということです。

すると、余分な開発費用をかけずにさらに売上がのぞめます。

このような実績があるのでJavaプログラマーは重宝されており、様々な開発の現場で必要とされています。

仕事内容は?

仕事内容は?

Javaプログラマーの仕事内容は、Javaというプログラミング言語を用いてプログラミングすることが主になります。

Javaはとても安定性のあるプログラム言語なので、WindowsやMacなどのPC用ソフトウェア開発はもちろん、大手企業の業務ソフトや金融機関のシステムまでもJavaで開発されることがあります。

最近では、特にウェブアプリケーションの開発が多いようです。

ウェブアプリケーションとはウェブブラウザ上で動作するアプリケーションのことで、冒頭で紹介した「Twitter」や「Google検索」、「Amazon」などもその一つです。

働き方としては朝8時半からのところもあれば、10時からというゆったりした企業もあるようですね。

残業については比較的発生することが多く、なかでも2時間ほどという企業が多いです。

しかし、プログラマーという仕事柄、長時間労働が多いなどいわゆる“ブラック企業”も存在します。

後ほど詳しく紹介しますが、会社選びについてはその点を注意しておくとよいでしょう。

年収、待遇について

年収については300〜700万ぐらいが相場となっていますが、高年収の1000万を越える方も中にはいるようですね。

ただ近年、少しずつですがJavaプログラマーの年収が下がってきている傾向にあります。

その原因は、Javaを使わずPHPなどの別言語で開発している企業が増えてきたことにあります。

ここで勘違いしてほしくないのはJavaプログラマーの全体の需要が下がってきているということではなく、“Javaプログラムしかできないプログラマーが年収を下げてきている”ということです。

実際最近のJavaプログラマーは、Javaと何か他の言語(PHPなど)のスキルがある方が多く、その方たちの年収は高くなっています。

なのでJavaプログラマーを目指される方は、Javaの習得だけを目標とせず、将来的には別スキルを身につける意気込みで取り組むと良いでしょう。

求められるスキル

求められるスキルや資格について

求められるスキルは、Javaというプログラム言語に対する知識とそのプログラム能力です。

スキルを身につけるなら作りたいものをJavaで作ってみるのがオススメ

ただ個人的には、プログラミングに取り組むときに「試験のためだけに勉強してほしくない」という気持ちもあります。

前述したとおり、JavaではWebアプリケーションやゲームなど様々なものを作成することができます。

正直、試験のためにJavaというプログラム言語を深く勉強する前に、Javaを使って何か簡単なもの作った方が手っ取り早いです。

右も左もわからない状態で、難しいプログラムについて書かれている本を勉強してもモチベーションを保つことは難しいですよね。

それなら自分の作りたいものを作ったほうが楽しいですし、やる気が出るので挫折しにくいです。

「Javaを使って初めての○○開発」のような参考書もたくさんありますので、そのような本を参考に成果物を作っていくのがオススメです。

余裕がある方は基本情報技術者試験を

プログラミングなどコンピュータ系の業務自体未経験という方は、IT関する知識が足りない場合もあると思います。

ITに関する知識をつけたいなら、「基本情報技術者試験」という国家資格にチャレンジしてみるのも手です。

基本情報技術者試験では、IT知識に関する問題だけでなく、実務レベルのプログラムの読み解き問題なども出題されます。

比較的難易度の高い試験のため、取得できればITの知識を有していることのアピールになるのはもちろん、ほかの求職者に差をつけることもできるでしょう。

とはいえ、Javaの開発する上で基本情報技術者の資格が絶対必要だというわけではありません。

余裕の無い方はJavaの習得を優先しましょう。

将来的にはJava以外の言語スキルもあると◎

Javaプログラマーになった後の話になりますが、Java以外にもRubyやPHPなどの別言語の知識やスキルもあると良いです。

現状まだJavaの需要はありますが、Java開発の需要は少しずつ下がってきています。

当然ですが、Java以外の言語もあつかえる人のほうが重宝されるため、将来的に勉強しておいて損はありません。

まずは一人前のJavaプログラマーになることを目指し、次のステップとしてPHPなどを習得してみるのが良いでしょう。

何歳までなら未経験から転職が可能か?

何歳までなら未経験から転職が可能か?

経験から言わせていただくと、30歳がひとつの分岐点と言えるでしょう。

30歳なら、ギリギリ20代とも考えられる年齢です。

良い意味でも悪い意味でも、会社色に染めるならやはり若い方が良いのはどの業界も同じです。

しかし、プログラマーという仕事はパソコン1つあれば実務レベルの取り組みができるので、他の専門職よりも未経験でも転職がしやすい職種です。

Javaプログラマーも例外ではなく、30歳をこえて未経験でも、Javaで何かを作りだす能力さえあれば採用される可能性は大いにあります。

資格取得や成果物への取り組みなど、熱意があることを企業側にアピールすることができれば転職も十分に可能でしょう。

とはいえ、30代後半になってくると未経験での転職は、どうしてもハードルが上がってきます。

なるべく若いうちに行動するにこしたことはないでしょう。

未経験からJavaプログラマーになるための方法

独学で勉強する

Javaを勉強するには、Javaで作りたいものを作るのが一番の近道です。

Javaほどの有名言語であれば、参考書なども多く出版されています。

自身の作りたいものを見つけ、それに合う参考書などを探し、自身の好きなことでJavaの能力を高めていきましょう。

スクールで勉強する

プログラム言語のなかでは、Javaは難易度の高いものではありません。

しかし、未経験でこれまでプログラムに触れたことがないという方には難しく感じるかもしれません。

そんなときはJavaプログラミングを教えるスクールに通うという方法もあります。

オススメは、Creator's HiveWebCamp Pro

この二つは実務レベルのプログラミングスキルを学べるだけでなく、修了後の就職・転職サポートがあり、返金保証もついています。

予算もあると思うので、体験授業を受け比較してみるのが良いでしょう。

とっておくと有利な資格

前述した通り、資格の取得に時間をかけるくらいならJavaで成果物を作成することに注力した方が転職までは近道になります。

しかし未経験の場合、客観的な評価がしにくいということもあるため、余裕があるなら資格を取得しておくのもアリです。

未経験からJavaプログラマーに転職するなら「Oracle Certified Java Programmer」や「基本情報技術者試験」といった資格が有利になります。

Oracle Certified Java Programmer

Javaの資格といえば、「Oracle Certified Java Programmer」というほど有名な資格です。

こちらは難易度別に分かれているので、初心者の方でも取ることが可能だと思います。

余裕のある方は、基礎を固めるという意味でも取得しておきたい資格のひとつですね。

成果物を作るための知識も同時に養うことができるので、Javaプログラマーに転職するために資格をとるなら<「Oracle Certified Java Programmer」を優先的に取得するのがオススメです。

基本情報技術者試験

IT業界を経験したことが無い方が、ITの知識を有しているという証明になるのが「基本情報技術者試験」です。

こちらは一応国家資格になるため難易度高めですが、取得しておくとIT業界人として胸を張っていただいて良いと思います。

ただ悲しいことに知識があっても技術がないと仕事にはなりません。

たしかに有意義な資格ではあるのですが、正直Javaプログラマーという仕事柄そこまで深いコンピュータの知識は必要ありません。

時間の無い方が、わざわざ難しい資格を受けるのはもったいないです。

「基本情報技術者をもってないから不採用」ということはほぼないので、時間のある方やチャレンジしてみたい人だけ受験するのが良いでしょう。

応募書類や面接でアピールするには?

Javaでつくった成果物への取り組みや、さきほどお伝えした資格取得への努力や熱意を伝えることが一番良いアピールとなります。

特に、どんな作品をどのような期間でどんな想いでつくったか?は大きなアピール材料になりますので、面接でも積極的アピールしましょう。

IT業界未経験の場合、以前の業務はあまりアピールにならないことが多いです。

しかし、人によっては以前の業務が今の業務に活きる可能性も十分にあります。

申し込む業務と以前の業務内容をしっかり比較し、前向きにこの業界に来たことやこれからやっていきたいこともきちんと伝えましょう。

その内容に一貫性があればきっと良い印象を持たれるでしょう。

求人の探し方

求人の探し方

会社選びのポイント

Javaというプログラム業務は世の中にはたくさんあります。

求人誌をみたりネットで検索するなど、求人を個人で探すことは可能です。

ただ、どの業界もそうですが、IT業界にいわゆるブラック企業多く存在します。

そのような企業に引っかからないために、転職エージェントのような第3者機関を使って探す方法をオススメします。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントは企業を紹介する前に紹介する企業を審査し、あらかじめブラック企業を排除しています。

もし、そのエージェントを利用した人達からの評判が悪かったら、転職エージェントの利用者減少も考えられるからです。

そのため、ブラック企業に転職してしまう可能性が限りなく低くなり、比較的安全に転職活動をすることができます。

転職エージェントの多くは無料で利用できるため、余計な費用がかかることもありません。

オススメの転職エージェント

ここで私のおすすめする転職エージェントを3つお伝えしたいと思います。

geekly(ギークリー)

Geekly(ギークリー)

関東に限定されてしまいますが、利用者の満足度が非常に高く、2000件ほどの非公開求人があります。

スマホアプリやゲーム系の求人が豊富にあり、上場企業の求人も数多くあります。

また業界未経験、高年収の求人も取り扱っているため初めての転職にもオススメです。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

業界でも評判がよく、質の良いコンサルタントに転職支援してもらえます。

求人のJavaエンジニアの年収は400万〜と高め。

未経験の方だけなく、キャリアアップの方にもおすすめです。

求人は職種別、プログラム言語別、ジャンル別にあるため探しやすいです。

自分の目指すべき職種が決まっている方にはとても良いですよ。

DODA

DODA(デューダ)

無料でマンツーマンの模擬面 接を受けることもでき、非公開求人も多いのでオススメです。

私が以前転職するときに利用したのですが、中途採用という立場でどのように面接に取り組めば良いのかわからなかったので、模擬面接をしてもらえたのは非常に助かりました。

模擬面接をしてもらえるだけでも助かりますが、比較的キャリアアップの求人が多いので、IT未経験の方はまずは相談してしてみてください。

まとめ

まとめ

Javaプログラマーになる方法についてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

私が感じたことはJavaプログラマーになることは決して難しいことではない!」ということです。

なぜなら、現時点でJavaという言語を使っている企業はまだまだ多く、慢性的にプログラマーは足りていません。

つまり、Javaプログラマーがほしいという企業はまだまだたくさんあり、未経験でも育てようという企業も多いのです。

さらに、もう一つの理由としてJavaという言語はシンプルです。

C言語と比べると難しい部分は隠されているため、初心者の方にはとっつきやすい言語になっています。

未経験でも勉強すれば、身につけることは決して難しくありません。

Javaなら「フレームワーク」と呼ばれる、プログラムをより簡単にするものも多く存在しています。

成果物を手っ取り早く作れるという点でも、Javaプログラマーは未経験から転職しやすい職種といえるでしょう。

また、Javaプログラマーは求人が多く、様々なプログラム業務に利用されているので、色んな現場で働くことができます。

求人が多く、需要が高いということは、転職が簡単だということで、それは経験者であればなおさらです。

もし未経験で無事Javaプログラマーになることができたら、何年か経験を積んでいくことで、次はさらに高年収・高待遇の求人に応募できるでしょう。

プロさん
ビギナーくんはIT業界未経験だからあまり馴染みがないかもしれないけど、IT系やプログラマー業界では転職は当たり前!
転職すると年収が50〜100万上がるなんてこともザラで、数年ごとに転職をし、年収を釣り上げていく猛者もいるんだよ。
ビギナーくん
そうなんですね~。
プログラマーになったら年収がどのくらいあがるのかな・・・
ぐへへ、ワクワクしてきました!

▼Javaプログラマーへ転職にオススメのエージェント

よく読まれている記事

1. WEBサイトで勉強する 1

Web(ウェブ)上でサービスをつくる時、大活躍するWebプログラマー。 インターネットでプログラマーの求人を検索するとたくさんヒットするため、気になっているという方も多いのではないでしょうか。 今回は ...

未経験からゲームプログラマーになるには?仕事内容や求人について 2

最近ではテレビゲームやスマートフォンでのゲームも多く、ゲームで遊んだことがある方は多いと思います。 中には「ゲームの開発に関わりたい」とお考えの方もいるのではないでしょうか? 一見難しそうに思えるゲー ...

未経験からJavaプログラマーへ!仕事内容や転職方法まとめ 3

あなたはJavaプログラマーというお仕事をご存知でしょうか? もしかしたらコンピュータに詳しい方だったら聞いたことがあるかもしれません。 Javaはあらゆるコンピュータに使われている超有名なプログラム ...

未経験からSASプログラマーになる方法 4

統計分析にかかせないSASプログラマー。 ほかのプログラマー職種と比較しても、待遇が良く、高収入のねらえる職種です。 ハードルの高いイメージがあるSASプログラマーですが、SAS未経験や文系からでもS ...

アルバイトや派遣でなく就職(正社員)がオススメ 5

システムエンジニア、SEという職種、皆さんはどのような仕事かご存知ですか? 「仕事はハードそうだけど給料が良い」というイメージをもたれている方も多いのではないでしょうか。 今回はシステムエンジニアとい ...

-プログラマーの種類

Beプログラマーのトップページに戻る

Copyright© Beプログラマー , 2018 AllRights Reserved.

ページトップに戻る