IT業界トレンド

「同一労働同一賃金」加速するITエンジニアのワークシェアリング化

ここで一つ「資本主義」について考えてみましょう。

資本主義って何ですか?

資本主義とは「生産手段を資本家・企業者の階級が所有し、自分たちの利益追求のために労働者を働かせて生産を行う経済体制。」を指す。

う~ん・・・よくわかりませんね。

ズバリ答えましょう。

資本主義とは「賢い」人達が「賢くない」人達からお金を搾取するシステム

です!

同一労働同一賃金で平等になる?

ある意味で「平等」にはなります。

同一労働同一賃金の実質は「正社員と派遣の差をなくす」までは正しいと思います。

問題はその方法です。

搾取する側にとって「正社員を派遣社員レベルまで落とそう」とは思っても 「派遣社員を正社員待遇にしよう」とは思わないからです。

正社員の待遇を派遣社員レベルまで落とそう」の方が現実的ではないですか?

経団連に参加している企業は皆、軒並み終身雇用制度の廃止を発表しています。

結局どういうこと?

こういうことです。

会社:「同一労働同一賃金制度のせいで君の給料下げなければならなくなった。」 
会社:「同一労働同一賃金制度のせいで君にボーナスを払えなくなった。」 
会社:「同一労働同一賃金制度のせいで君を生涯雇用できなくなった。」

つまり、世間で騒がれているような「派遣社員が正社員待遇になる」ことは決してありません。身内(社員)さえも切りやすいように、わざわざお膳立てしてくれているとも思えます。

ただ注意したいのは、こういった何かしらの「イベントの裏」には必ず何かが動いています。

例を挙げると、最近では「消費税増税10%」なんかありましたね。

多くの国民には知らされていませんが、 裏では「所得税」も「法人税」も「相続税」も大きく変動してるのです。「消費税増税」を前面に押し出し、他の増税をカモフラージュしてたんですね。

なので今回の「同一労働同一賃金」の裏では何がうごめいているのか知りたくなります。

まぁ十中八九「憲法改正」に向けてなにか企んでいるのだろうとは想像に容易いですけど(笑

格差を作って、怒りの矛先を「野党」あたりにぶつけようとしているのでは?なんて勘ぐってしまいます。この手法は戦時中にはよく使われたそうです。ヒトラーが代表的ですね。

私自身「憲法改正」が悪いとは思っていないのでどうでもいいのですが、裏でこそこそやられるのはさすがに憤りを感じます。

話がずれてしまいました。戻します。

では、実際のところエンジニアにどう影響するの?

正社員の場合は待遇の格下げが間違いなく起こります。「自称エンジニア」を名乗ってパイの奪い合いに参入する層となります。

派遣・フリーランスにとっては「自称エンジニア」の出現で 「未経験者」と「エンジニア」の垣根が曖昧になるため 一気に単金が落ちていきます。

また「ITエンジニアにどう影響する?同一労働同一賃金」では「信用の蓄積」に進むと書きましたが、もう少し突っ込んだところまで考えてみましょう。

ワークシェアリング化

一時「ワークシェリング」が巷で話題になったことがあるのを覚えていますか?

ワークシェアリング(英: work sharing / job sharing)とは、勤労者同士で雇用を分け合うこと。各々の労働時間を短くする時短によるのが典型的な方法である。 日本のメディアにおいては「ワーキングシェア」という表現も多く用いられている。

Wikiopedia

雇用維持型のワークシェアリングが 欧米、特にドイツで当たり前のように行われているようです。ちなみに、Googleでは勤務時間の20%を雇用創出型ビジネスの創出に充てることが義務づけられてるとのことです。

一時日本でも2002年のバブル崩壊時にこの話題が持ち上がったことがありましたが、再び話題が再燃しているようです。「同一労働同一賃金」の解雇問題が、今回のワークシェアリング構想再燃の震源地になっているようですね。

マネーに取って変わる信用の蓄積とは?

それはズバリ、自分自身のフォロワーを作ることです。

フォロワーとは、ツイッター・フェースブック・インスタグラムなどのソーシャルメディアにおいて、投稿内容を見られるように登録した人。

goo国語辞典

つまり、「あなたがお店を開いた場合、あなたの売る商品または、あなた自身の個性に惹かれて集まる顧客が何人作れるか」と言う事です。

あなたのプログラムセンスに惹かれた企業の場合、企業があなたのフォロワーと言う事です。あなたはこのフォロワーを決して裏切ることがあってはなりません。それが信用に育ちます。

当然「お店を開く資本なんかない!」と言いたい方が多いのも分かっています。

そこで「ワークシェアリング (多少形態は変化していますが) 」が再注目されているのです。余った時間を利用して、下記の様なサイトでサービスを売っているのです。

クラウドワークス」「ランサーズ」「ココナラ」「Bizseek」 等、 クラウドソーシング 系企業が続々誕生しています。

そう言ってる傍から「信用スコア」なんてアプリも出始めていますね(笑 たくましいというかなんというか(笑

J.Score(ジェイスコア)」「LINE Score(ラインスコア)」の他「GAFA」も早速乗り出してきているようですね。

信用の蓄積こそが「次世代のマネー」な事に、「搾取する」側の人たちは皆気づいているのです。

当然次世代のステータスに大きく寄与するため、量子コンピュータやビッグデータも活用されると思われ、表面だけの信用は稼げません。

そして最終的に「搾取する」側の人間が一人になるまでこの波は止まらないでしょう。

若年層の死因第一位はなんだか知ってますか?

答えは「自殺」です。

  • 学校での同級生からの「いじめ」
  • 会社での上司からの「パワハラ」

そして「信用の蓄積」を中心にした社会は、この自殺問題に終止符を打つ力を持つとまで言われています。どこの先進国も見いだせなかった解決法を作り出してしまうのですから本当にすごいですね。

ただし、日本特有の「少子化問題」だけは止められないそうです。

まとめ

まとめ

世界第二位の資本主義国家日本の社会では「賢くない」人は「賢い人」から搾取される側にいる。

同一労働同一賃金制度において、正社員の待遇は派遣レベルへ下がる.。

派遣社員やフリーランスはフォロワーを集めるためワークシェアリング化を始める。

蓄積された信用の価値がマネーに取って変わる時代が来ている。自分自身のフォロワーを集めましょう。

お金を貯めることを目的にするのは危険かもしれません。

よく読まれている記事

1

テクノロジーの進化により今後10年で50%以上の仕事がなくなると言われています。 それは現在の仕事がプログラムに取って代わられることを意味します。 今後「プログラミング」は「文字」と同様に「一般教養」 ...

2

ネットカフェで仕事をしてみましたが、そこは正に快適空間だった! 本日、コロナウィルス対応のため、勤務先から急遽自宅待機命令が出ました。 自宅待機自体は大変うれしいのですが、私はフリーランス契約のため、 ...

3

昨年以前と異なり、最近は暗いニュースばかりが続きますね。 世は正に「リストラ」ブームです。黒字決算のうちに人員整理しようとする企業が後を絶ちません。 そこで前々から疑問に思っていたことがあります。 「 ...

4

ついに東京オリンピック開催年、2020年がやってきました。この東京オリンピックがけん引役となり、様々な産業へ活力を与えてきたことは否めません。 そしてついに今年の8月に東京オリンピックが開催されます。 ...

5

ここ数年、メディアなどでフリーランスという言葉を耳する機会が増え、それに比例するようにフリーランスを志す人が急増しています。 テクノロジーの進歩により、個人単位でのロケーションにとらわれないスタイルで ...

6

以前別の記事にも記載したと思いますが、インフラエンジニアの仕事はそれまでに本人が培ってきた背景が強く影響する職種です。 絶対とは言い切れませんが、正社員としての転職はまず無理と考えるべきです。 ただし ...

-IT業界トレンド

Copyright© Beエンジニア , 2020 All Rights Reserved.