Beエンジニア

未経験からエンジニアになるための勉強法や転職術、業界情報などを現役エンジニアがわかりやすく解説

インフラエンジニア

ITエンジニアに向かない人の特徴とは?

プログラマー・ITエンジニアに向かいない人の特徴とはどんなものがあるのか、現役目線から挙げていきます。

IT技術に興味がない

とにかくこれは問題外と言わざるを得ません。とは言っても、中には「IT技術者」が何だかわからずに内定をもらったため、そのまま居座ってしまう人もいるでしょう。

しばらく働いてから「面白くない」「キツイ!」と言い始める人を何人も見てきました。やがて毎日日課のように「愚痴」を言い始め心が荒んで行き、最終的には精神を病んでしまう人もいます。

こうなると本人にとっても、雇った企業にとっても不幸な話です。速めに環境を変えるべきです。

自己啓発心がない

よく現場で「技術を覚えられます。」なんて転職エージェントが謳い文句していることがあります。

これ「うそ」です。

技術を教えてくれる現場などありませんし、技術を持っていない人を現場は必要としていません。自分で覚えるしかないのです。自分自身で血眼になって習得した技術を現場で実践する。

つまり、必須となる技術は現場以外で習得していることを条件に、初めて現場へ参画することが出来るのです。

現場意外とは実費で「理工書を購入し独学する」や「スクール等で技術を習得する」と言う事です。意外にこれが出来ていない人が多いのも事実ですが、そういう人は決まってテスターへ回されてしまいます。過去記事でも紹介しましたが、「テストエンジニア(テスター)」でキャリアアップはまず望めません。現場では2軍、3軍扱いです。

自分との戦いが嫌い

現場では、常に課題は山詰みです。自分の担当だけでも相当数の課題に直面します。したがって一気に押し寄せる課題の波を整理し、一つ一つ解決していくプランニング力が試されます。

大体はその課題の多さにつぶされてしまう方が多く、とくに技術や経験を持ち合わせていない若年層のエンジニアはここでつぶれていく方が非常に多く見受けられます。

この課題の山を乗り切るためには、一つ一つの課題を整理しなければなりません。課題の一つ一つを分析し、さらに要素をブレイクダウンしていきます。問題解決までに必要とされる所要時間を積み上げ、要素ごとの難易度を特定し・・・めんどくさい作業が延々と続きます。

とにかく一歩一歩解決していくしかないのです。一発逆転が期待できる課題などありません。

現場のリーダやPMからの「突き刺さる視線」を一心に浴びながら、地道な自分との勝負です。

こういった作業を好きな人はいないと思います。言い換えれば、皆が次々帰宅していく中で自分ひとりが取り残された環境でも「自分との戦いをある程度まで許容できる精神力のある人」でないと務まりません。

問題意識を持てない

本来のIT技術とは「怠け者」こそがその真価を発揮できるとさえ言われています。何故なら、この「怠けたい」欲望こそがIT技術の源泉だからです。「楽がしたい」>「自動化しよう」見事に需要と供給がマッチしていますね (笑

この「どこを自動化出来れば楽が出来るか?」の嗅覚は非常に重要です。

今は関係なくてもキャリアを積んでいく過程でこのポイントを提案していくことで数億円のプロジェクトに発展することがあります。私自身がプログラムを習得した理由も実はここにあったりします。いずれ記事にします。

問題意識を持てない最大の理由は「目的意識」を理解していないことにあります。

例えば、悪い例を挙げてみます。

プロジェクトの目的とは:決められた予算や納期を守り仕様通りのシステムや製品を作ること 。

本気でこれを鵜呑みにしている「エンジニア」の多いこと・・・ 日本の誇る教育制度の弊害がここにも見事に出ていますね。

これでは「水=H2O」と答えているのと変わりありません。こんな考え方ではいずれAIに居場所を取って代わられます。

答えは、 発注者が 「楽して儲けたい」が正解です。そして次いでと言っては何ですが、受注者も「楽して儲けたい」のです。

すべての行為の前提には、人間の「欲」が絡んでいます。この「欲望」の延長線上にあるものが需要となるのです。

これからITエンジニアになろうとしている方も、既にエンジニアの方もここが最も重要な箇所であると認識してください。

発注者が「楽がしたい」のでプロジェクトが生まれ、需要を満たすことのできる「下請け」へ発注が発生します。

受注者(下請け)が 「楽がしたい」ので、需要を満たすことのできる「孫請け」へ発注が発生します。

受注者(孫請け)が 「楽がしたい」ので、需要を満たすことのできる「エンジニア」へ発注が発生します。

エンジニアは楽がしたいけど、投げる外注先が無いので自分で勉強するしかないのです。(末端)

IT業界が抱える問題

現在IT業界の抱える問題の一つとして「 多重請負構造 」があります。この「多重請負構造」こそがIT業界の「辛い」といった言葉を生み出す最大の原因とされています。

多重請負とは、大手ITベンダーが受注した案件をいくつかの仕事に分割し、懇意にしている下請け企業に発注します。 仕事を請け負った下請け企業がさらに下請け企業(孫請け)へと発注します。そしてさらに・・・以下同文。

要は大手ITベンダーを頂点に、下請けピラミッドが作成されていくわけです。ねずみ〇〇と似てますね(笑

まとめ

まとめ

慢性的に人材不足なIT業界、「人材不足だから入り込めそう」なんて考えているとしっぺ返しにあいます。また現場で技術を習得するという話は幻想です。

ゾロゾロと帰宅するメンバーを横目にいつ終わるともわからない課題に徹夜覚悟で向き合える精神力が必要です。

すべてに問題意識を持てる目を維持することが重要です。常に上司の目の色を伺う「イエスマン」では道具として扱われてしまうのが落ちです。

以上、「ITエンジニアに向かない人の特徴とは?」を書いてきました。ただし、これはあくまでも技術力の乏しい状態での話です。技術が身に付いてくれば、どれも簡単に切り抜ける技もついてきますし、危険を察知する嗅覚も発達してきます。

とにかく一番重要なのは、「IT技術が好き」か「嫌い」だと思います。

よく読まれている記事

1

ここで一つ「資本主義」について考えてみましょう。 目次1 資本主義って何ですか?2 同一労働同一賃金で平等になる?2.1 結局どういうこと?3 では、実際のところエンジニアにどう影響するの?3.1 ワ ...

2

正直、この記事を何のカテゴリーに分けようかすごい迷いました(汗 結果、エンジニアの仕事(将来)に大きくかかわる気がしたため「プログラマーの仕事」枠へ入れることにしました。気が向いたら変わるかもしれませ ...

3

実際のところ、転職相談したくてもイザ相談ってなると結構厳しいものがありますよね? とくにIT業界になると・・「できて当然!」って人ばかりなんでしょ?とかね。 当然スキルはあった方がいいっていうのはわか ...

4

唐突ではありますが、プログラマーとして作業見積もりは非常に重要な仕事です。何故ならこの見積もりを誤ると無事にシステムを開発したはいいが、採算的には大赤字だったなんてことになりかねません。 具体的には下 ...

5

そもそも自分が希望している業界がどんなところなのか把握していなくては、折角プログラマーになっても雰囲気に馴染めずに辞めてしまうなんてことになりかねません。 目次1 IT業界って、どんなところ?2 エン ...

6

キャリアプランを考える上で、あなたが満足な人生を謳歌したいと思うのであれば、まず「あなたの満足とは何か?」という問いに、ざっくりでも良いので答えられる必要があります。 目次1 将来の自分?2 価値観の ...

7

目次1 価値観って?2 知識の価値とは「量」から「質」へ3 技術の向上とともにモノの価値は「無」へ近づく4 付加価値という武器を育てる 価値観って? 価値観とは、何に価値があると認めるかに関する考え方 ...

-インフラエンジニア

Copyright© Beエンジニア , 2020 All Rights Reserved.