トラブル体験談

【女性:32歳:トラブル】正社員として働くときは契約内容に注意が必要だった!

IT業界では雇用形態が「正社員」「フリーランス」に限らずこの「待遇問題」「単金問題」は依然としてグレーゾーンとしてクローズアップされています。
IT業界は、未だ比較的新しい業界に位置付けられているため、法整備が間に合っていないことも一因です。
ITエンジニアと転職エージェントの意識の温度差【2ch】」でも触れましたが、目的意識無しでIT業界に従事すると、後々後悔するかもしれません。
・「技術を得るため」
・「経験を積むため」
・「人脈を作るため」
上記目標を達成すれば、逆に相手から直接声がかかるようになります。
常に条件を付ける側に回ることを意識しましょう。

私は、とあるIT企業で働く32歳の女性エンジニアです。

以前、私が勤務していた会社で起きたトラブル事例を少し紹介したいと思います。

派遣から正社員として働くことになった

数年前まで、私は他県の企業で派遣契約のデータベースエンジニアとして働いていました。

プロジェクトマネージャーを任されるなど、職場でもやりがいのある仕事に携わることができ、当初はかなり張り切っていたと言えます。

採用の際に、人事部の方から「実績によっては正社員登用の可能性がある」と言われていたので、徹夜の仕事でも頑張ってこなしてきました。

そのかいあって、1年後には無事にその会社の正社員になることができました。派遣社員から正社員になれたことで、内心ホッとしていたのが当時の私です。

ほかの社員よりも賃金が異常に安いことに気付く

トラブルのきっかけは、同僚との会話で自分の給与が異常に安いと気付いたことです。

数カ月ほど一緒に働いていると、親しくなる社員も何人かでてきます。

一緒に食事に行ったり休憩中に雑談したりするうちに、たまたま給与についての話題が出ました。

同僚と給与について話をするのは、避けたほうがよいとわかってはいました。

ただ、たまたま耳に挟んだ話が気になってそれとなく水を向けてみると、いろいろな事実が見えてきたのです。

まず、今まで同じ立場で働いていたほかの社員と比べて、自分の給与が安いことに驚きました。

正社員として雇用されているにもかかわらず、「なぜ自分の給与だけが安いのだろう」と、その頃の私は腑に落ちない気持ちを抱えていたと言えます。

SES契約だったことが発覚

その後、勇気を出して人事部に問い合わせをしたところ、私の場合はSES契約であったことがわかりました。

正社員として雇用されていても、一般的な直接雇用とSES契約の雇用とでは給与の額が違うケースがよくあります。

「正社員になれる」ということに惹かれて、契約書の細かい内容をよく確認しないまま雇用契約を結んでしまったことが災いしたわけです。

ただ、SES契約についての説明は、会社側からもとくにありませんでした。

理不尽さに呆然とする

ほかの社員とまったくと言ってよいほど同じスタイルで働いているにもかかわらず、契約の形態で給与の額が変わることがまず私にはショックでした。

最初にSES契約についての説明を受けていれば、メリットやデメリットなどを考えたうえで雇用契約が結べたと思います。

雇用形態についての認識が甘かった自分にも責任はありますが、会社側からも相応の説明をしてもらいたかったと感じています。

正直言うと、事実を知って以来、一気に仕事へのモチベーションがダウンしてしまいました。

表向きは平気な様子を装っていましたが、複雑な心境を抱えながら仕事をしていたのが本当のところです。

「成果が上がらない」とプレッシャーをかけられる

人事部に問い合わせをして以来、何となく上司や同僚との関係もぎくしゃくとしてしまいました。

仕事でも、なかなか成果が上がらないことを理由に、上司からプレッシャーをかけられることが増えてきました。

そのころ私が携わっていたプロジェクトは規模が大きいだけに、短期間で成果を上げるのが難しい状況だったと言えます。

パワハラめいた対応をされるようになり、私も精神的に大きなダメージを受けてしまいました。

「成果物が提供できないときは責任を取ってもらう」とそれとなくほのめかされ、本気で退社を考えるようになった次第です。

結果

結局、私はその会社を退職しました。

精神的なストレスから体調を崩してしまい、自分でも潮時と考えて退社の意思を伝えました。

パワハラなどの問題が疑われても、私のようなパターンは自己都合での退職になってしまうことが多いです。

自己都合による退職は、雇用保険の手続きができるまで数カ月ほど待たなければなりません。

私の場合は「これ以上会社と関わりたくない」という気持ちが強かったので、ハローワークにも訴えなどは起こしませんでした。

「早く次の仕事を見つけたほうが、自分にとってプラスになる」と感じたことも、事を荒立てなかった理由です。

自分の体験をひとつの教訓として、これからの仕事に活かしていきたいと思うようになりました。

するべきだった行動

トラブルを経験して、「こうしておけばよかった」と思ったことももちろんあります。

たとえば、入社を決める前に契約内容をよく確認すべきだったということです。

私の場合、派遣社員から正社員になれることに気を取られて、重要な点を確認していませんでした。

エンジニアは、正社員雇用をオファーされても、必ずしも直接雇用とは限りません。

SES契約という雇用形態があることをしっかりと理解して、契約内容を確認することが大切です。

トラブルに気付いたときは、早めに弁護士などの法律の専門家に相談することも必要になるでしょう。

労働時間でお金が支払われるSES契約の場合、たとえ成果物が出せなくても、給与が支払われなかったり雇い止めされたりすることは基本的にありません。

私が上司からほのめかされた内容は、法律上の矛盾があったわけです。

法律に詳しいプロに相談すれば、こういった矛盾点にも早く気付けます。

よく読まれている記事

1

テクノロジーの進化により今後10年で50%以上の仕事がなくなると言われています。 それは現在の仕事がプログラムに取って代わられることを意味します。 今後「プログラミング」は「文字」と同様に「一般教養」 ...

2

ネットカフェで仕事をしてみましたが、そこは正に快適空間だった! 本日、コロナウィルス対応のため、勤務先から急遽自宅待機命令が出ました。 自宅待機自体は大変うれしいのですが、私はフリーランス契約のため、 ...

3

昨年以前と異なり、最近は暗いニュースばかりが続きますね。 世は正に「リストラ」ブームです。黒字決算のうちに人員整理しようとする企業が後を絶ちません。 そこで前々から疑問に思っていたことがあります。 「 ...

4

ついに東京オリンピック開催年、2020年がやってきました。この東京オリンピックがけん引役となり、様々な産業へ活力を与えてきたことは否めません。 そしてついに今年の8月に東京オリンピックが開催されます。 ...

5

ここ数年、メディアなどでフリーランスという言葉を耳する機会が増え、それに比例するようにフリーランスを志す人が急増しています。 テクノロジーの進歩により、個人単位でのロケーションにとらわれないスタイルで ...

6

人口知能や機械学習というキーワードは、IT業界で働く人にとっては馴染みが深くなりつつあります。 これらを駆使するAIエンジニアには高いスキルが要求され、日本だけでなく世界的に見ても不足している状況です ...

-トラブル体験談

Copyright© Beエンジニア , 2020 All Rights Reserved.