IT業界トレンド

VRとは?基本的な仕組みや活用事例について解説

ゲームなどのエンタメ分野での導入が進んでいるVR。言葉自体は耳にしたことがあっても、その意味を詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。また、次世代の新たな技術をビジネスに積極的に活用していく動きも活発化していますが、その際にもVRはぜひ注目しておきたい分野です。

今回の記事では、そもそもVRとはどのような技術なのか、具体的な活用事例も含めて詳しく解説していきます。

VRの基本的な概要

そもそもVRとはどのような技術なのか、まずは基本的な仕組みも含めて詳しく解説していきましょう。

VRとは

VRとは「Virtual Reality」の略称で、日本語では仮想現実という言葉に直訳されます。その名の通り仮想的な現実空間を体験できるような技術で、まるでその場にいるかのような没入感を得ることができます。

通常、なにかを視覚的に表現する際にはディスプレイや大型のプロジェクターに写し出す方法が一般的ですが、VRであればヘッドマウントディスプレイなどで周囲どこを向いても疑似体験ができます。ディスプレイやプロジェクターから視線をそらしてしまうと現実世界に戻ることもなく、非現実的な空間に飛び込むことができるのがVRの最大の魅力といえるでしょう。

VRの仕組み

VRに用いられるヘッドマウントディスプレイは、音楽を楽しむヘッドホンの仕組みに似ています。ヘッドホンで音楽を再生すると、左右に埋め込まれた小型のスピーカーからそれぞれ音が出力されますが、これら左右の音のバランスや出力を微妙に変化させることで立体的でリアルな音の表現が可能になっています。

ヘッドマウントディスプレイも同様に、左目で認識する映像と左目で認識される映像をそれぞれ独立させることによって、実際にヘッドマウントディスプレイを装着して映像を見たときに立体的に認識されるような仕組みになっているのです。いわば目の錯覚を利用したような仕組みで、一般的な平面ディスプレイに写し出す映像データとは全く異なるものと考えて良いでしょう。

また、ヘッドマウントディスプレイには人の動きを検知するセンサーなども搭載されており、たとえば左を向いたときには左側に映っている映像が出てくるなど、まるでバーチャルの世界に入っているかのようなリアルな体験ができるようになっています。必然的に通常の映像データよりもVR再生に対応した映像データのほうがデータ量も大きく、再生するデバイスそのもののスペックも高度なものが要求されます。

ARとVRの違い

VRと混同されがちなものにARというものもあります。ARは「Augmented Reality」の略称で、日本語では拡張現実と直訳されます。VRというのは完全にバーチャルの世界を一から作り出して楽しむものですが、ARは現実世界のなかの一部にVRを組み込むようなイメージです。たとえばスマホゲームとして大ヒットを記録した「ポケモンGO」もARの代表的な事例といえるでしょう。部屋の中や散歩中の道路上、公園内など、スマホでかざしたときにモンスターを仮想的に出現させることができます。

VRやARを楽しむために必要なもの

VRを利用するためにはVRに対応した専用のヘッドマウントディスプレイが必要であり、ARの場合はスマートフォンやタブレットなどカメラを搭載したデバイスが必要です。

しかし、より簡単かつ手軽に楽しむために、ヘッドマウントディスプレイよりも小型で軽量なメガネ型のデバイスも今後続々と登場してくるものと思われます。また、ヘッドマウントディスプレイのように専用のデバイスを持っていないユーザーであっても、スマートフォンを使って手軽にVR体験ができるコンテンツも続々と登場しています。スマホやタブレットの動きに合わせて自由にカメラアングルを変えられるため、さまざまな映像コンテンツの楽しみ方の幅も一気に広がっていくと予想されます。

VRの活用事例

ARもVRもゲームなどのエンタメ分野での活用が中心となっていますが、より実用的な用途への活用が検討されています。なかでも代表的なものをいくつか紹介していきましょう。

スポーツ観戦

従来、テレビやネット中継などでスポーツ観戦を行う場合、カメラで映し出された特定のアングルのみに限られていました。しかし、観戦する人のなかには今の瞬間は相手方のチームの動きを見ていたかったり、違うポジションの選手を見ておきたいといったさまざまなニーズがあります。

スポーツ観戦にVRを活用すれば、リアルかつ自由な視点で試合を観戦でき、まるで現地で応援しているかのような高い没入感を得ることができるようになります。

カーナビの経路案内

ARの実用的な活用事例として、カーナビへの活用があります。たとえば複雑な交差点でどの道に進めば良いのかカーナビの案内だけでは分かりづらいことも多いものです。そこで、カーナビのモニター上に実際の道路上の風景と経路案内の矢印のようなアイコンを組み合わせて表示することで、直感的で分かりやすい案内ができるようになります。

これをさらに応用すれば、制限速度が変わるタイミングや一方通行で進入禁止の道なども分かりやすく表示でき、重大事故を未然に防ぐために役立つと期待されます。

さらに進化するVR

今回紹介してきたVRの事例はほんの一部であり、今後さらに活用の幅は広がっていくと期待されています。従来の映像データよりも大容量のVRデータは、次世代通信規格である5Gやデバイスそのものの高性能化とともに本格的に活用されていくと考えられます。

いちユーザーとしてVRを楽しむことはもちろんですが、次世代技術を活用したビジネスの要素としても注目しておきたいものです。VRの特性をしっかりと理解したうえで、自社のビジネスに活かせないかも含めて検討してみてはいかがでしょうか。

よく読まれている記事

1

独立前は、誰もが不安でいっぱい。近い将来、フリーランスとして独立を考えている方が独立初期に躓かないために「独立前にやるべきことチェックリスト」をご紹介します。 当記事は前編となる「お金まわり編」。全て ...

2

ゲームなどのエンタメ分野での導入が進んでいるVR。言葉自体は耳にしたことがあっても、その意味を詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。また、次世代の新たな技術をビジネスに積極的に活用していく ...

3

フリーランスの確定申告には、青色申告と白色申告の2種類があります。いったいどちらの申告方法を選ぶべきなのでしょうか。 この記事では、青色申告と白色申告、それぞれのメリット・デメリットを把握することでベ ...

4

フリーランスの仕事場は、自宅をはじめとし、カフェや図書館、コワーキングスペースなど自由に選べます。しかし全ての場所で100%集中ができるどうかは、人それぞれです。どのような環境が自身の仕事場として快適 ...

5

フリーランスのITエンジニアとして、一番難しいのは「自己管理」と言えるでしょう。 自分の体調管理はもとより、仕事のスケジュール等すべて自分で管理します。もちろんフリーランスに有給休暇等ありませんから休 ...

-IT業界トレンド

Copyright© Beエンジニア , 2020 All Rights Reserved.