Beエンジニア

未経験からエンジニアになるための勉強法や転職術、業界情報などを現役エンジニアがわかりやすく解説

フリーランスの手帳術

フリーランスの手帳術:05.週間スケジュール

さて、今回はいよいよ週間スケジュールの落とし込みに入ります。仕事の内容が毎日決まったルーティンの場合はこの習慣スケジュールまででも特に問題はないと思います。

週間スケジュールへの落とし込み作業

前回、「 フリーランスの手帳術:04.月間スケジュール 」の章でこなすべきタスクの各要素を分解しました。復習をかねて例を挙げると下記の様な感じでした。(表示の都合上「ブログタイプの選定」に絞っています。)

  1. ASPタイプの選定(1Lv)
    1. 商用ASPタイプの調査(2Lv) 8時間30分
      1. 代表的なブログサービスチェック(3Lv) 2時間
        1. 特徴の調査(3Lv) 2時間
        2. ユーザー数チェック(3Lv) 30分
        3. 容量チェック(3Lv) 1時間
        4. チェックドメイン形式チェック(3Lv) 1時間
        5. HTML/CSS変更対応の不可チェック(3Lv) 2時間
        6. 使用料  30分
    2. 非商用ASPタイプの調査(2Lv)yahoo
    3. インストールタイプの調査(2Lv)

どのLvまで要素を掘り下げるかは、慣れが必要ですが、やっていくうちにコツを掴めてくると思います。※ ちなみに見積もり自体はスケジュールに直接記入するのではなく、無地のメモ欄や空いている余白で行います。

上の例だと、商用ASPの調査に9時間(3Lv目合計時間)必要なことがわかります。 つまり、一週間のうち9時間ほど「商用ASPの調査」に当てる時間が確保できれば調査は完了できるということです。

当たり前のことですが、現実の仕事も実はこの方法である程度の所要時間が算出できてしまうのです。あとは残りのタスクにも概算時間を見積もり、積み上げていくことで必要とする時間の総数が算出できます。私の場合はこれに「安全率」を3%掛けて12時間と算出しています。

達成可能なタスクか否かを判定する

次は自前サーバを例とした場合を説明します。

  1. 環境の選定(1Lv)
    1. 無料レンタルサーバ業者選定 (2Lv)
    2. 有料レンタルサーバ業者選定 (2Lv)
    3. 自前サーバ (2Lv)
      1. 自分にできるか? (3Lv)  
        1. 頼れる友人? 〇〇君と△△さん
        2. 運営? 書籍独学 外注依頼
        3. セキュリティ? 厳しそう
        4. 資金 10万円
      2. 必要な知識は?
        1. OSは?「Windows」 「Linux」
        2. Webアプリは?「httpd」「jboss」「tomcat」
        3. プログラム言語?「php」「java」

上記の場合、自分が「IT業界」に携わっている、もしくは携わる予定がある場合、選択候補になるとは思いますが、そうでないのなら技術的 に (友人を当てにしている時点で)「破綻」していると言わざる負えません。 選択候補から外すべきです。実際の仕事であればきっぱり断りましょう。

特にIT業界の場合は、作業時間を工数という基準で管理されています。わからないからと言って聞いて回ると工数泥棒としてレッテルを貼られてしまいます。基本は自分で解決できないのならハッキリと断ることを心がけるべきです。

次に掘り起こした要素の一番深いLvに見込み時間を設定し、週間スケジュールに落とし込んでいきます。

気をつけなければならないのは、重要な事柄を先にスケジューリングし、その後で細かな活動を計画に入れていくと言う事です。何が重要かは、その人の価値観によるところが大きいため、ここでは言及しませんが、詳しく知りたければ 「7つの習慣―個人、家庭、社会、人生のすべて 成功には原則があった!」 の書籍を参考にするといいと思います。

週間目標の振り返り

週間スケジュールは毎週末に「週間目標の振り返り」の後作成します。

下の図はデイリーも念頭にPDCAが降られていますが、ITエンジニアの場合は大抵の作業がルーティン化しやすい為、週間と読み替えてください。 いずれ「デイリースケジュール」についても触れる予定です。

重要なのは1週間で何をするのかを明確に見える化し、イメージしながら過ごしていくことです。「今日のタスク」>「今週のタスク」>「今月のタスク」>「今年のタスク」の積み上げが「目標の達成」となるのです。

常に自分自身の現在位置を把握するようにしてください。

そのために、「 フリーランスの手帳術:04.月間スケジュール 」の数値による管理と同様に、「週間スケジュール」も 必ず「目標:●● 達成率:80%」等のように、今週の成果を「目に見える形」で管理することです。

目標への行動計画やその振り返り方法について、「お金と心を動かす手帳術 電話だけで3億円売った伝説のセールスマンが教える」を参考にさせていただきました。非常に良い本だと思いますが、このタイトルのせいで損をしている気がしてならないです。とてもいい本でした。

注意事項! 特にフリーランスの方へ

これから話すことは、実際に私が身をもって経験した話です。

この手帳管理術を実行することで確実に成果が目に見えるようになります。ただし、それは自分以外の方の目にも同じことが言えます。

私の生産性に現場のリーダーが目を付けました。というよりリーダーの所属する会社が「こいつ使える」と判断したようです。

私にとっても単金を上げてくれる「こいつ使える」なら良い話なのですが、そこの会社ではリーダやその上役の「出世の道具」として目を付けれらてしまったのです。

その後、契約外の作業が押し寄せ裁判沙汰の一歩手前まで行くまでになってしまいました。

翌日から「仕事量」「仕事難易度」が跳ね上がり、残業の毎日な私を横目に定時で帰宅する他のメンバー。

同じ条件での契約なのに明らかにおかしい・・

エージェント経由で仕事の不平等にクレームを入れることにしました。

現場リーダ:「あなたは手帳使って管理してるから多少無理が利くでしょ?」

現場リーダ:「他の人は手帳使えないから不利でしょ」

現場リーダ:「生産性が低い人の仕事を回しちゃっても問題ないだろう。チームでの成功を第一に考えてほしい」

私:「手帳の話はあくまでも私の努力の結果であって、チートしているわけではない!」

現場リーダ:「そういう考え方はやめてほしい」

私:「???!」

私のエージェント:「???!」

私:「ダメだこいつ、早くここから抜け出さないと!」

現場のリーダの言い分としては「〇〇さんは、手帳使って管理してるからずるい」「ほかの方は手帳使ってないから不利」だそうです。

そのまま私はそのプロジェクトを捨てました。後にも先にも私の人生でプロジェクトを放棄したのはこれが初めてです。

相手の企業は「訴訟」だなんだと脅してきますが、「SES契約」の為、私が有利なのは目に見えてましたのでほっときました。

その会社の社長から「直接合って話がしたい」と持ち掛けてきましたが、それも無視することにしました。エージェントの方にはずーと連絡が入っていたようです。

フリーランスの皆さん、「契約した以上は全力で努力する」その姿勢はすばらしいと思います。

ただ「相手を見ることも重要です」とい言いたいです。

私の長いエンジニア生活の中でこんな変な常識感を持った会社には初めて会いました。

よく読まれている記事

1

ここで一つ「資本主義」について考えてみましょう。 目次1 資本主義って何ですか?2 同一労働同一賃金で平等になる?2.1 結局どういうこと?3 では、実際のところエンジニアにどう影響するの?3.1 ワ ...

2

正直、この記事を何のカテゴリーに分けようかすごい迷いました(汗 結果、エンジニアの仕事(将来)に大きくかかわる気がしたため「プログラマーの仕事」枠へ入れることにしました。気が向いたら変わるかもしれませ ...

3

実際のところ、転職相談したくてもイザ相談ってなると結構厳しいものがありますよね? とくにIT業界になると・・「できて当然!」って人ばかりなんでしょ?とかね。 当然スキルはあった方がいいっていうのはわか ...

4

唐突ではありますが、プログラマーとして作業見積もりは非常に重要な仕事です。何故ならこの見積もりを誤ると無事にシステムを開発したはいいが、採算的には大赤字だったなんてことになりかねません。 具体的には下 ...

5

そもそも自分が希望している業界がどんなところなのか把握していなくては、折角プログラマーになっても雰囲気に馴染めずに辞めてしまうなんてことになりかねません。 目次1 IT業界って、どんなところ?2 エン ...

6

キャリアプランを考える上で、あなたが満足な人生を謳歌したいと思うのであれば、まず「あなたの満足とは何か?」という問いに、ざっくりでも良いので答えられる必要があります。 目次1 将来の自分?2 価値観の ...

7

目次1 価値観って?2 知識の価値とは「量」から「質」へ3 技術の向上とともにモノの価値は「無」へ近づく4 付加価値という武器を育てる 価値観って? 価値観とは、何に価値があると認めるかに関する考え方 ...

-フリーランスの手帳術

Copyright© Beエンジニア , 2020 All Rights Reserved.