Beエンジニア

未経験からエンジニアになるための勉強法や転職術、業界情報などを現役エンジニアがわかりやすく解説

フリーランスの手帳術

フリーランスの手帳術:01.価値観と目的を考える

キャリアプランを考える上で、あなたが満足な人生を謳歌したいと思うのであれば、まず「あなたの満足とは何か?」という問いに、ざっくりでも良いので答えられる必要があります。

将来の自分?

それには将来自分がどんな人間でありたいのか、ある程度まで導き出す必要があります。

そしてそうなるための目標を設定しなければ、一生自分に満足することは出来ません。何故なら目標なくして満足度を図る物差しが無いからです。何が満足しているのか判断ができないのです。

ところが目標の達成以前に目標自体を設定していない人が実に多いのです。

プログラマーに未経験からなれる年齢は何歳まで?

一説では「未来についての明確な計画を立てていますか?」との質問に「 はい」 と 回答した者が3%に過ぎなかったという話です。そして時は過ぎ、10年後の調査で「はい」と答えた3%の年収は、一般人の年収の10倍を超えていたそうです。ハーバード大学の著名な教授が15年以上の歳月をかけて調べたそうです。

目標の有無とそれを実行したかどうかで、ここまで差がつくのですから、目標を設定することの重要性がよくわかるのではないでしょうか。

しかしながら、この「目標」、言うのは簡単ですが考えるのは意外と難しいのです。ひとつには自分の現在地を把握していないため、目標が設定できないことが原因と考えられます。

若きベンジャミン・フランクリンは人生の目標として13の徳目を特定しました。そして1週間に1徳目ずつ、1つの徳目に年間で合計4週間取り組めるように設定しました。彼は、このシステムを用いることによりあらゆる活動においてさらに大きな充足感が得られるようになったと述べています。

アメリカ合衆国建国の父 (100ドル札の人)

価値観の創出

ではどうすれば目標を設定することが出来るのか

それにはまず価値観の創出から始めなければなりません。価値観とは自身の運転する車が誤って 車道側面の歩道を乗り越えないように遮断するガイドレールのようなものと考えて下さい。

例えば、目標を年収2000万円と設定した場合、銀行に押し入ってお金を強奪すれば一見その目標が叶ったように見えますが、法的に禁止された行為であり目標を達成したとしても、それは満足感にはつながりません。何故なら違法行為として罰せられる行為として国民が共有する「犯罪」だからです。よほどの極悪人出ない限りこの「犯罪」に価値観を置く者はいないでしょう。

要は「価値観」という自分自身の法律を作り上げ、そこから逸脱しない範囲での目標を設定する作業となります。

下記は アメリカ合衆国建国の父 と歌われたベンジャミンフランクリンの価値観です。

  • 節制 頭や体が鈍くなるほど食べないこと。はめをはずすほどお酒を飲まないこと。
  • 沈黙 他人あるいは自分に利益にならないことは話さないこと。よけいな無駄話はしないこと。
  • 規律 自分の持ち物はすべて置き場所を決めておくこと。仕事は、それぞれ時間を決めて行うこと。
  • 決断 なすべきことをやろうと決心すること。決心したことは、必ずやり遂げること。
  • 節約 他人や自分に役立つことにのみお金を使うこと。すなわち無駄遣いはしないこと。
  • 勤勉 時間を無駄にしないこと。いつも有益なことに時間を使うこと。無益な行動をすべてやめること。
  • 誠実 だまして人に害を与えないこと。清く正しく思考すること。口にする言葉も、また同じ。
  • 正義 不正なことを行い、あるいは、自分の義務であることをやらないで、他人に損害を与えないこと。
  • 中庸 何事も極端でないこと。たとえ相手に不正を受け激怒するに値すると思っても、がまんしたほうがよいときはがまんすること。
  • 清潔 身体、衣服、住居を不潔にしないこと。
  • 冷静 つまらないこと、ありがちな事故、避けられない事故などに心を取り乱さないこと。
  • 純潔 性的営みは、健康のためか、子供を作るためにのみすること。性におぼれ、なまけものになったり、自分や他人の平和な生活を乱したり、信用をなくしたりしないこと。
  • 謙譲 イエスおよびソクラテスを見習うこと。

ちなみに下記は私自身の価値観です。

  • 自分自身の人生に責任を持つ
  • 深い価値観及び目的意識をもって行動する
  • 原則に基づいた計画を建て、優先順位に従って実行する
  • 損得勘定ではなく、ワクワクするか否かで選択を行う
  • 明日の仕事は今日計画する
  • 何があっても自分に正直に生きる
  • 一宿一般の義理は忘れない
  • 常にクリエイティブな活動を行うよう心掛ける
  • 常に自分自身を高めていくことを心がける
  • 毎年新しい才能を一つ身に着ける
  • 3冊/月以上、本を読む
  • 時間に誠実であり、約束に誠実であること

やってはならないこと! これは実際に起きた事柄をもとにしています。思い出すだけで悔しい!

  • 他人の人生を生きない
  • 絶対に借金はしない
  • 他のもので代用できる仕事には携わらない

目標の設定

ここで一つ「目的」と「目標」の違いについて考えます。

「目的」と「目標」の違い
目的と目標は、目指すものという意味では同じだが、目的は、最終的に実現しよう、成し遂げよう、到達しようとして目指すもの。 目標は、さしあたって実現させたり、成し遂げたり、到達しようと目指すものをいう。 目標には「目印」の意味もあるように、目的を達成するために設けた目印が「目標」である。

違いがわかる事典

このブログであえて「目標」としているのは、今現時点の状態で目的まで設定するのは現実的に不可能だと判断したからです。目的に向けた目標レベルからでも十分です。今後10年~15年間分の目標を立てることから始めます。

そしてその目標は価値観に沿ったものであるべきです。

  • 「健康」「 教養・知識 」
  • 「 心・精神 」
  • 「 プライベート・家庭 」
  • 「 社会・仕事 」
  • 「 経済・物・金 」

目標を上記6項目ごとに設定していきます。 この6項目は、「一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法」のアイデアが大変参考になりました。

下記の目標例は私自身のものになります。

1.健康
  1.1. 週二回スポーツクラブへ通う
  1.2. 年一回定期健診を受ける
  1.3. 年一回歯科検診を受ける
  1.4. たばこの本数を減らす
  1.5. 体重を標準体重まで減らす【70KG】
2.教養・知識
  2.1. 刃を研ぐ
  2.2. 現在の最先端情報を入手する
  2.3. 文字の教室へ通う
  2.4. 本を読む
3.心・精神
  3.1. 怪我・病気を考慮して、終身保険
  3.2. 常に原則【価値観】に沿った計画を建てる
  3.3. 生涯続ける価値ある趣味がある
4.プライベート・家庭
  4.1. 冬は常夏、夏は涼しい場所・国への旅行
  4.2. 一流の雰囲気に触れ、感性を触発する
  4.3. 常に整理された環境を心かげる
  4.4. 暇なときに世間話ができる友人を作る
5.社会・仕事
  5.1. ビジネスパートナーとなる人脈が十人
  5.2. 自社HPでソフト販売を行い、副収入を得る
  5.3. 新オフィスを構える
  5.4. 社員を増やす
6.経済・物・金
 6.1.  会社口座 内部留保:●●●円
 6.2. 貯蓄口座 マンション資金:●●●円
 6.3. 投資口座 老後資金:●●●円

気が付いた時点で、ちょくちょく変更してます。

そして上記で作成した目標を、現在から何年目で達成させるかを考えていきます。

正直にお話しすると、自分自身が驚くほど変化していくのを実感します。ただ、ここにも弊害はあります。それが私の「やってはならないリスト」に反映されているのですが・・・

それはまた違う機会に詳しくお話をしようとは思っています。

まとめ

ここで強く協調したいのは、「目標」を持つこと、そして実行することで自分自身の環境が驚くほど変わっていきます。一年前の手帳を見返す度に、「こんな単純なことで悩んでたのか・・」など今では考えられない変化を実感しています。

難度も言いますがプログラマーやエンジニアになった後、自分はどうしたいのかを明確に目標立てていかなければ決して満足することは出来ません。やってみると本当に実感します。

段階的に下記の手帳術を紹介していければと思っています。

よく読まれている記事

1

ここで一つ「資本主義」について考えてみましょう。 目次1 資本主義って何ですか?2 同一労働同一賃金で平等になる?2.1 結局どういうこと?3 では、実際のところエンジニアにどう影響するの?3.1 ワ ...

2

正直、この記事を何のカテゴリーに分けようかすごい迷いました(汗 結果、エンジニアの仕事(将来)に大きくかかわる気がしたため「プログラマーの仕事」枠へ入れることにしました。気が向いたら変わるかもしれませ ...

3

実際のところ、転職相談したくてもイザ相談ってなると結構厳しいものがありますよね? とくにIT業界になると・・「できて当然!」って人ばかりなんでしょ?とかね。 当然スキルはあった方がいいっていうのはわか ...

4

唐突ではありますが、プログラマーとして作業見積もりは非常に重要な仕事です。何故ならこの見積もりを誤ると無事にシステムを開発したはいいが、採算的には大赤字だったなんてことになりかねません。 具体的には下 ...

5

そもそも自分が希望している業界がどんなところなのか把握していなくては、折角プログラマーになっても雰囲気に馴染めずに辞めてしまうなんてことになりかねません。 目次1 IT業界って、どんなところ?2 エン ...

6

キャリアプランを考える上で、あなたが満足な人生を謳歌したいと思うのであれば、まず「あなたの満足とは何か?」という問いに、ざっくりでも良いので答えられる必要があります。 目次1 将来の自分?2 価値観の ...

7

目次1 価値観って?2 知識の価値とは「量」から「質」へ3 技術の向上とともにモノの価値は「無」へ近づく4 付加価値という武器を育てる 価値観って? 価値観とは、何に価値があると認めるかに関する考え方 ...

-フリーランスの手帳術

Copyright© Beエンジニア , 2020 All Rights Reserved.