IT業界トレンド

ITエンジニアの人手不足が続く理由とは?今後生き残っていくために必要な考え方

2020年3月21日

売り手市場が続く求人業界のなかでも、特に深刻な人手不足に悩まされているのがIT分野におけるエンジニアです。

そもそもIT企業といえば「儲かっている」、「最先端」といったイメージを抱く人も多く、決してネガティブなイメージを持たれる要素は少ないように感じます。

しかし、それでもなおITエンジニアが不足しているのはどのような理由が考えられるのでしょうか。

今回の記事では、ITエンジニアが慢性的に不足している具体的な理由を中心に解説していきます。

IT業界における人材需要の現状と予測

2019年の経済産業省の調査によると、2018年時点でのIT人材は約103万人。

しかし、実際のIT人材の需要と比較すると22万人の人材が不足しているという試算結果が出ています。

今後10年間にわたるIT需要の伸びと照らし合わせて予測したとき、需要の伸びが低位だったとしても最大16万人の人手不足が続くと予想されるほか、中位の場合は最大で45万人、高位の場合は79万人ものIT人材が不足すると予想しています。

もちろん、この数値はあくまでも予測値であり、生産性や景気の動向などさまざまな要因によって左右されるケースは十分考えられます。

しかし、現時点においても実際に22万人もの人材が不足しているという調査結果が出ている以上、IT業界における慢性的な人手不足は今後も続いていく可能性が非常に高いことは明らかといえるのです。

IT 人材需給に関する調査 - みずほ情報総研株式会社

ITエンジニアが不足する理由

成長が著しいIT業界において、なぜここまで人材不足が続くと予想されているのでしょうか。そこにはいくつかの要因が考えられます。

ITエンジニアの高年齢化

同じく経済産業省の調査結果のなかで、2015年時点でのITエンジニアの平均年齢は39.5歳でした。

しかし、その後2025年をピークに40.4歳まで平均年齢は上昇すると予想されており、それにともなってITエンジニアを退く労働者も増加してきます。

新たにIT人材を目指す若手人材も増加してくるものの、全体的に見ると業界としては同じか現状以下の労働人口になってしまうと懸念されています。

IT分野の成長とニーズの増加

一口にITエンジニアといってもさまざまな分野があります。

たとえばスマートフォン向けのアプリケーション開発を担うエンジニアは、インターネットが登場したばかりの頃にはなかった人材需要といえるでしょう。

IoTやAIなどの発達により、これまで一般的な需要はそれほど高くなかった分野のITエンジニアも急速に拡大していくと考えられます。

たとえばAIに欠かせないPython、AR/VRの開発にはUnityなど、新たなテクノロジーに対応できるプログラミング言語に強いエンジニアが求められるようになるでしょう。

労働環境

ITエンジニアと聞くと最先端で時代を担っているというポジティブなイメージだけではなく、長時間労働など過酷な労働環境を連想する人も少なくありません。

特に昨今、働き方改革が叫ばれるようになり、労働者の多くも過重労働を強いられる「ブラック企業」への転職は避ける傾向にあります。

現在は労働環境が改善されていたとしても、一度染み付いたイメージを払拭できるのは簡単なことではありません。

また、自社の労働環境は良くても、同業他社で未だに過酷な労働環境を強いているところがあれば、業界全体として負のイメージが拭いきれずに求人が集まらないという結果を招くこともあります。

これからITエンジニアとして生き残っていくために

未経験から派遣プログラマーになるには?

人材不足が続くITエンジニア業界ですが、「売り手市場なのであれば未経験でも簡単に転職できるのでは?」と考える人も多いことでしょう。

たしかにそのような企業も出てくると思われますが、その逆も考えられます。

すなわち、人手不足であるがゆえに新人教育に費やす時間も担当者も確保できず、即戦力の募集に限定されてしまうというケースです。

そのため、まったくの未経験から会社に入り、会社から教育を受けてスキルアップを目指すというシナリオは必ずしも良い方法とはいえません。

最低限のプログラミングスキルや実務経験を積み上げたうえで、各企業に対して自分自身を売り込んでいくのが現実的な方法といえるでしょう。

また、これからエンジニアとして本格的に活躍していくためには、誰かに教わるという姿勢ではなく、自分自身で課題を見つけて解決していく姿勢も問われてきます。

特にAIやIoTなど新しい分野であればあるほど、社内に実務経験が豊富な先輩や上司の存在がなかったり、極端に少ないケースがほとんど。

誰かに答えを求めるのではなく、さまざまな手段を駆使して解決の糸口を見つけられるような行動を意識しておく必要があります。

未経験からITエンジニアを目指す

未経験からITエンジニアになるためには、まず大前提として自分自身がどのような分野のITエンジニアになりたいのかを決めておきましょう。

たとえば、新たな分野で今後大きな需要が見込めるAIやIoTのエンジニアを目指すのであれば、転職サイトや転職エージェントなどを参考にしながらどのようなプログラミングスキルが求められるのか、その傾向を知っておく必要があります。

ゴールが決まったら、その分野について学べる書籍を購入して勉強したり、プログラミングスクールに通ってみるのもひとつの方法です。

転職サイトに登録されている企業のなかには「未経験歓迎」という文言が記載されているところも多いですが、入社した後に自分が希望する部署に配属されるという保証はありません。

漠然とITエンジニアになりたいというアピールをするよりも、具体的に何の仕事がしたくて、そのために何のスキルを身につけてきたのかということをアピールできれば企業側も選考しやすく、自分の希望する仕事に従事できる可能性も高くなるはずです。

よく読まれている記事

1

21世紀の現在、ネット上では掲示板やアンケートフォームと言った一見簡単に見えるサービス機能から、商品カタログ、eコマースなどのスケールの大きなコンテンツまで、様々なダイナミックコンテンツが普及するよう ...

2

テクノロジーの進化により今後10年で50%以上の仕事がなくなると言われています。 それは現在の仕事がプログラムに取って代わられることを意味します。 今後「プログラミング」は「文字」と同様に「一般教養」 ...

3

2019年、出生数は過去最小の86万4千人!推計より2年早く、初めての90万人割れ日本の経済成長(2019年10~12月期の実質GDP)は、年率6.3%減! コロナウィルスとは関係なく急落しています。 ...

4

ITエンジニア転職に必要な知識として一番最初に挙げられるのは「プログラミング」の知識でしょう。 20代、30代であれば確かにそれは正しいと言えます。 しかし、40代、50代を対象にした場合、果たして「 ...

5

ここ数年、メディアなどでフリーランスという言葉を耳する機会が増え、それに比例するようにフリーランスを志す人が急増しています。 テクノロジーの進歩により、個人単位でのロケーションにとらわれないスタイルで ...

6

人口知能や機械学習というキーワードは、IT業界で働く人にとっては馴染みが深くなりつつあります。 これらを駆使するAIエンジニアには高いスキルが要求され、日本だけでなく世界的に見ても不足している状況です ...

-IT業界トレンド

Copyright© Beエンジニア , 2020 All Rights Reserved.