仮想サーバー構築

【サーバ構築:第3巻】Webサーバーを構築しよう!【設定の初歩】

2020年3月23日

Webサーバーを構築しよう!

前回までに下記の記事で、VmWare PlayerへLinuxを導入を進めてきました。

問題なくサーバーの構築が完了していれば、下記のサーバーが構築されているはずです。

  • Webサーバー
    • wb01(今回の記事での設定対象
  • APサーバー
    • ap01、ap02
  • DBサーバー
    • db01、db02

今回は、Webサーバー(wb01)へhttpdサービスの設定を行っていきます。

構築環境概略図

httpdサービスには、Apache2.4.6(OSバンドル版)を使用します。

Webサーバー構築の簡単な流れ

簡単な流れ

  • スクリプト格納ディレクトリの作成
  • firewalldサービスの停止
  • yumリポジトリの設定
  • 「/etc/hosts」の設定
  • httpdサービスの設定

1.スクリプト格納ディレクトリ

早速、httpdの導入に入りたいところですが、まずはモジュールを導入するための前準備から行います。

今後、作成するであろうスクリプトの環境を先に作成しておきます。

シェル格納ディレクトリについて

当サイト「Beエンジニア」では、「/root/scripts」配下を「スクリプト格納ディレクトリ」として説明していきます。
  本記事では、学習目的の為「root」以外でシェルの実行は行わない想定です。

本記事での格納構成は下記とします。

  • root
    • scripts
      • bin(実行スクリプト格納場所)
      • com(共通スクリプト格納場所)
      • etc(設定ファイル等の格納場所)
      • log(スクリプト実行ログの格納場所)
      • rep(出力レポート等の格納場所)
      • tmp(ディレクトリロック用)

① スクリプト格納ディレクトリ作成

下記のコマンドを実行して「/root/scripts」配下へ格納ディレクトリを作成します。

② スクリプト格納ディレクトリの確認

次のコマンドで、スクリプト格納ディレクトリの作成有無を確認します。

上記イメージの様に出力されていれば、作成されています。

2.firewalldサービスの停止

OSインストール直後は「firewalld」サービスが自動で起動しています。

実際に商用利用などのプロジェクトでもない限り、設定の邪魔になるので「firewalld」サービスは停止しておきます。

注意ポイント

本環境はサーバー構築の学習を目的としている為「firewall」サービスを停止しています。実際の商用プロジェクトでは、必要な経路やプロトコルを厳密に設計して「firewalld」サービスを設定してください!

下記の手順で「firewalld」サービスを停止します。

簡単な流れ

  • firewalldの状態確認
  • firewalldの停止実行
  • firewalldの自動起動無効化

① firewalldの状態確認

「firewalld」の状態を確認します。

次のコマンドで「firewalld」サービスの状態を確認します。

「Active:active(running)」実行中です。

このままだと、後で「httpd」サービスを導入しても「firewalld」サービスが外部との疎通を遮断してしまいます。

② firewalldの停止実行

次のコマンドで「firewalld」サービスを停止します。

「Active:inactive(停止中)」停止されました。

上記の結果イメージは、「firewalld」サービスを停止した後、状態確認を行った結果も表示しています。

「firewalld」サービスは停止しましたが、このままでは再起動後に再度「firewalld」サービスが起動してしまいます。

③ firewalldの自動起動無効化

次のコマンドで「firewalld」サービスの自動起動を無効化します。

自動化用のシンボリックリンクが削除されます。

これで、再起動後に自動で「firewalld」サービスが起動することはありません。

3.yumリポジトリの設定

モジュール等を追加するたびに、メディア(CD/DVD)をマウントするのは非常にめんどくさい為、ここではISOメディアを「/media」へマウントしてyumを実行できるように設定を行います。

下記の手順でyumリポジトリ作成の操作を行っていきます。

簡単な流れ

  • OS導入時に使用したISOメディアの格納
  • ISOメディア「/media」のマウント
  • yum設定シェル(add_yum.sh)格納
  • yum設定シェル(add_yum.sh)実行

本記事では、yum設定シェル( add_yum.sh )を使用して、yumのリポジトリを作成します。

「add_yum.sh」の詳細については、下記のリンクを参照してください。

① OS導入時に使用したISOメディア格納

OS導入時に使用したISOメディアをwb01サーバーの「/root」直下へ転送する。
本記事では「rhel-server-7.5-x86_64-dvd.iso」を使用しています。

転送手段にWinSCPを使用しています。

② ISOメディア「/media」のマウント

isoメディアをマウントするコマンドは:「mount -o loop -t iso9660 xxx.iso /media」です。
「/root」直下で実行します。

「iso」メディアがマウントされました。

③ yum設定シェル(add_yum.sh)格納

上記の「add_yum.sh」を「/root/scripts/bin」配下へ格納します。
※ viで直接「add_yum.sh」を「/root/scripts/bin」配下へ作成でも可。

転送手段にWinSCPを使用しています。

④ yum設定シェル(add_yum.sh)実行

次のコマンドで「add_yum.sh」シェルを実行します。
「/root/scripts/bin/」配下で実行します。

シェルを実行した結果が表示されています。

これで「/etc/yum.repos.d/」配下へリポジトリが作成されました。

「/etc/yum.repos.d/」配下へ「rhel-cdrom.repo」設定ファイルが作成されている。

4.「/etc/hosts」の設定

ホスト名で各サーバーを識別するために「/etc/hosts」へ各サーバーのIPアドレスを登録していきます。

環境に合わせて実行してください。

「/etc/hosts」へ各サーバーのIPが登録されます。

5.httpdサービスの設定

下記の手順で「httpd」サービスを設定していきます。

簡単な流れ

  • httpd導入有無確認
  • httpdインストール
  • httpd(再)導入有無確認
  • httpd起動状態確認
  • httpdサービス自動起動有効化
  • httpdサービス起動実行
  • httpdサービス状態確認
  • ブラウザ表示確認

① httpd導入有無確認

yumの設定が完了しましたので、「httpd」サービスの状態を確認します。

「リポジトリ」が「rhel-cdrom-rhel7-server-iso」と表示されている。
httpdが導入されていないことを示します。

リポジトリ」がメディア内に存在するため、まだ導入されていません。

② httpdインストール

次のコマンドで「httpd」サービスのインストールを行います。

ズラズラとインストールが実行される画面

③ httpd(再)導入有無確認

再度、「httpd」サービスの導入有無を確認します。
「① httpd導入有無確認」と同じコマンドを実行します。

「リポジトリ」が「installed」に変更されている。
「httpd」サービスが導入されたことを示します。

④ httpd起動状態確認

次のコマンドで「httpd」サービスの状態を確認します。

「Active:inactive(停止中)」となっている。

⑤ httpdサービス自動起動有効化

次のコマンドで「httpd」サービスの自動起動有効有無を確認します。

「enabled」と出力されれば、自動起動が有効化されています。

「httpd」サービスの「Apache2.4.6」モジュールの導入と同時に、自動起動が有効化になっています。

⑥ httpdサービス起動実行

次のコマンドで「httpd」サービスを起動します。

何も出力されていなければ、正常に実行されています。

⑦ httpdサービス状態確認

再度、「httpd」サービスの状態を確認します。
「④ httpd起動状態確認」と同じコマンドを実行します。

「Active:active(running)」無事に起動に成功しています。

⑧ ブラウザ表示確認

ブラウザで表示できることを確認します。

URL:「http://<wb01サーバーのIPアドレス>」を入力します。

正常に起動していれば、ブラウザ上に「Apacheのデフォルトテストページ」が出力されます。

以上で、wb01をWebサーバーとして動作させる最低限の設定が完了しました。

注意ポイント

なお、「RHEL7」系のバンドル版「httpd(Apache)」サービスを使用する場合は、「/var/www/html」配下がデフォルトの「ROOT」ディレクトリとなります。

お疲れさまでした。

よく読まれている記事

1

21世紀の現在、ネット上では掲示板やアンケートフォームと言った一見簡単に見えるサービス機能から、商品カタログ、eコマースなどのスケールの大きなコンテンツまで、様々なダイナミックコンテンツが普及するよう ...

2

テクノロジーの進化により今後10年で50%以上の仕事がなくなると言われています。 それは現在の仕事がプログラムに取って代わられることを意味します。 今後「プログラミング」は「文字」と同様に「一般教養」 ...

3

2019年、出生数は過去最小の86万4千人!推計より2年早く、初めての90万人割れ日本の経済成長(2019年10~12月期の実質GDP)は、年率6.3%減! コロナウィルスとは関係なく急落しています。 ...

4

ITエンジニア転職に必要な知識として一番最初に挙げられるのは「プログラミング」の知識でしょう。 20代、30代であれば確かにそれは正しいと言えます。 しかし、40代、50代を対象にした場合、果たして「 ...

5

ここ数年、メディアなどでフリーランスという言葉を耳する機会が増え、それに比例するようにフリーランスを志す人が急増しています。 テクノロジーの進歩により、個人単位でのロケーションにとらわれないスタイルで ...

6

人口知能や機械学習というキーワードは、IT業界で働く人にとっては馴染みが深くなりつつあります。 これらを駆使するAIエンジニアには高いスキルが要求され、日本だけでなく世界的に見ても不足している状況です ...

-仮想サーバー構築

Copyright© Beエンジニア , 2020 All Rights Reserved.