転職体験談

【男性:48歳:IT転職】年齢がネックに!でも諦める必要はない40代のIT転職

他の転職体験談とは異なり、多少の困難はあれど意外とスムーズに転職に成功できたのではないでしょうか。
最後までしっかりとサポートしてくれる転職エージェントを活用した良い事例です。。
「IT未経験」「技術知識無し」でも生命保険会社時代の業務知識が役にたったのですね。
後へ続くシニア世代の転職活動に希望を与えてくれる良い体験談だと思います。
転職エージェントは複数社掛け持ちして、転職先を探すのが一般的です。
積極的に登録して、大いに活用するべきです。
転職成功おめでとうございます。

私は、大手生命保険会社に勤める48歳の男性です。

私が40代という年齢のギャップを乗り越えることができたのも、周囲の理解があったからだと思います。

そういう意味では、見守ってくれた家族や私の一連の転職に向けての活動を支えてくれた人に感謝の気持ちでいっぱいです。

私は男性で大学卒業後に就職した大手生命保険会社で約25年にもわたって勤めてきました。

保険会社では、その大半を営業の世界で過ごしましたが、気がつけば48歳という年齢に達していました。

キャリアを重ねることで、順調に昇進や昇給にも恵まれ、退職時には営業課長という要職を任されていました。

年収も概ね800万円ほどあり、普通の生活をするには十分な金額です。

「なんで辞める必要があるの?」や「もったいない」などと思う人も多いかもしれませんが、私自身も転職を決断するまでには悩み抜きました。

40代後半、有望なIT企業転職へ挑戦を決意!

しかし、「人生最後の勝負!」「好きな仕事で締めくくりたい!」後悔することや後戻りすることはできないと覚悟決めました。

どんな業界でも、営業の世界は厳しいと言われますが、生命保険の営業も決して例外ではありません。

とりわけ、営業課長ともなれば、課の責任者として全体の数字にも目を配る必要があります。

連日のように行われる営業会議では、進捗状況や社員一人一人の成績などについて、部長や役員から厳しく追及されるのが現実です。

正直言って、逃げ出したくなることも少なくありませんでした。

40代も後半を迎え、「何かに挑戦したい」という気持ちが芽生えるようになります。

営業課長として、後進の育成や企業業績に貢献することも、やりがいやモチベーションであることには違いありませんが、新しいことにチャレンジしたくなった自分がいました。

私は、今までお世話になった仲間や後輩社員たちへの申し訳ないという思いを持ちながらも、転職に向けて動き出しました。

私が選んだ転職先は、元々興味関心があったIT関連業界です。

実は、私が若い頃から長年にわたって、お付き合いしているクライアントの中にIT関連ビジネスの社長がいて、IT業界のことについて色々と話した経緯があります。

そんな経験も、私の好奇心をくすぐることになったのかもしれません。

転職コーディネーターの存在

また、私が現職を続けながら転職活動ができたのも、何かと懇切丁寧にしてくれた転職コーディネーターの存在もあります。

4. 思い切って転職する

私は口コミや評判に好意的な内容のものが多い転職エージェントをピックアップして、そのうちの1つに登録しました。

IT関連業界に特化していることが特徴です。

私自身、40代後半という年齢がネックなことはわかっていたため、コーディネーターとの面接時には「40代でも大丈夫ですか?」と真っ先に質問しました。

そこでのコーディネーターの反応は「心配ありません」と明るかったため、私も楽観的に考えるようになりました。

しかしながら、そこから先には苦悩の日々が待っていました。

私の場合、面倒をみなければならない家族もいるため、ある程度の年収を確保する必要性があります。

それまでは、先述した通り年収800万円にも達していたため、生活レベルもある程度高くなっていました。

転職に難色を示していた妻に、私は生活レベルを極端に下げることなく転職をすると約束をしていました。

もちろん、半ば自分の身勝手な言動で家族に悲しい思いをさせることは絶対に避けなければなりません。

あれこれと悩んだ結果、年収600万円以上を転職先に求める条件にしました。

待っていた厳しい現実

ところが、なかなか条件に合うIT企業が見つからず、面接にこぎつけること自体も少ないというのが実態。

後々にわかったことですが、未経験者にいきなり600万円を支給する企業はなかなか見つからないそうです。

「さすがにIT企業の就業経験が乏しい40代の転職は無理か?」と弱気にもなりかけましたが、そんな私のところにコーディネーターから一本の連絡が入ります。

転機到来

どうやら、私の前職の生命保険会社勤務というのが奏功したのか、保険会社向けのさまざまなコンテンツの制作を手掛けるIT企業が私に興味を示してくれました。

こだわっていた年収600万円という条件もクリアするなど、私にとっては申し分ない好条件が揃います。

私は迷うことなく、面接を受け色々なことを話しました。

予め、コーディネーターから面接に向けてのアドバイスも受けていたため、スムーズに事が進んでいき、そのIT企業への転職を手に入れることができました。

自分の転職活動を振り返って感じたことは、転職することを甘く考えない方がいいということです。

とりわけ、40代を迎えてからの転職には多くの困難が待ち受けていると思った方が良いと思います。

また、特別なコネでもない限りには、転職のプロと呼ばれるサービスを利用するべきです。

ネットワークサービスの台頭に加えて、人工知能やロボット、フィンテックなどIT企業の伸びしろの大きさは桁違いといえるかもしれません。

だからといって、転職希望者を全て受け入れてくれるわけではなく、それ相応の知識や経験が求められます。

転職したいなら、早めに活動をスタートするべきです。

よく読まれている記事

1

テクノロジーの進化により今後10年で50%以上の仕事がなくなると言われています。 それは現在の仕事がプログラムに取って代わられることを意味します。 今後「プログラミング」は「文字」と同様に「一般教養」 ...

2

ネットカフェで仕事をしてみましたが、そこは正に快適空間だった! 本日、コロナウィルス対応のため、勤務先から急遽自宅待機命令が出ました。 自宅待機自体は大変うれしいのですが、私はフリーランス契約のため、 ...

3

昨年以前と異なり、最近は暗いニュースばかりが続きますね。 世は正に「リストラ」ブームです。黒字決算のうちに人員整理しようとする企業が後を絶ちません。 そこで前々から疑問に思っていたことがあります。 「 ...

4

ついに東京オリンピック開催年、2020年がやってきました。この東京オリンピックがけん引役となり、様々な産業へ活力を与えてきたことは否めません。 そしてついに今年の8月に東京オリンピックが開催されます。 ...

5

ここ数年、メディアなどでフリーランスという言葉を耳する機会が増え、それに比例するようにフリーランスを志す人が急増しています。 テクノロジーの進歩により、個人単位でのロケーションにとらわれないスタイルで ...

6

人口知能や機械学習というキーワードは、IT業界で働く人にとっては馴染みが深くなりつつあります。 これらを駆使するAIエンジニアには高いスキルが要求され、日本だけでなく世界的に見ても不足している状況です ...

-転職体験談

Copyright© Beエンジニア , 2020 All Rights Reserved.