Beエンジニア

未経験からエンジニアになるための勉強法や転職術、業界情報などを現役エンジニアがわかりやすく解説

IT業界トレンド

IT業界おすすめ転職エージェント!実体験済み

実際のところ、転職相談したくてもイザ相談ってなると結構厳しいものがありますよね? とくにIT業界になると・・「できて当然!」って人ばかりなんでしょ?とかね。

当然スキルはあった方がいいっていうのはわかり切っていることですし、ある程度経験があっても「とても手に負えないレベルの作業を振られるんじゃないか?」なんて・・どうしても考えてしまいますよね。

わかります! 私にもそんな時代がありました。ありましたとも! 

正直エージェントと言ってもピンキリです。 最近では少なくなりましたが、私の経験した中で酷かったのは3割ほど中抜き(ピンハネ)されていたなんてのもありました。

そこで今日は実際に私のお世話になったエージェントの中からとても良いと思われるエージェントをご紹介します。

とは言うものの、あまり詳しく書くと特定されてしまうので、そこはさらっと流していく感じで(笑

その前に私の簡単な経歴から紹介します。「フロントエンドエンジニア(Java)」出身で「バックエンドエンジニア」>「システムエンジニア」と流れてきました。

私の場合、下記の2社へは「システムエンジニア」として登録していますが「プログラマー」でも普通に紹介してくれます。 むしろ「プログラマー」案件の方が多いくらいです。

IT業界おすすめ転職エージェント!

株式会社フォスターネット

この現場では、「フォスターネット」を通じて、過去に公官庁から民営化した某組織の「物流システム」開発でお世話になりました。

このプロジェクトでは、技術から更に一歩踏み込んだ「運用設計」を担当していました。

運用設計」とは、安定稼働のための日常業務や、 障害対応がスムーズに進むための様々なルールやプロセスを定義することです。 例えば、稼働中にトラブルが発生した場合、どのような手順で復旧させるのか。 どの部門に障害を報告し、復旧のためどのベンダに連絡する必要があるか。

IT用語辞典

この運用設計って意外とめんどくさいんです。普段ならプログラムやコマンドを叩いて解決!なんてところをすべて対人相手に設計しないといけないんです。しかも「コンピュータ? はぁ?」って感じのおじさん、おばさん相手に理解できるようにです。

巨大なシステムだったので、データセンター内で監視する「部署」、「部門」、「役割」、「作業」、「エスカレーション」経路まで1からすべてフロー化していき、最終的にはすべて日本語で表現します。とにかくめんどくさい。「日本語って、こんなめんどくさかったんだ」と改めて実感した現場でした。二度とやらないと誓った瞬間でもあります(笑

ある日のこと、サイジング設計の担当者が姿を消してしまったのです。プロジェクトが突然窮地に追い込まれてしまいました。 いまから人を募集してもとても間に合いません。さぁ、困った。

サーバサイジングとは、情報システム構築やオンラインサービス提供などを行う際に、想定される負荷や容量を見積もり、十分にして過剰ではない性能・台数のサーバを用意すること。運用開始後の増強や縮減を含む場合もある。

IT用語辞典

「私には関係ないや」なんて見て見ぬふりをしていたら、大方の予想通り、

リーダ:「○○さん、サイジング設計もお願いできませんか?」

私:「なっ、なぜ私に!? いま日本語で手いっぱいですっ!」

リーダ「そこを何とか (-人-) たのむよ <(__)>」

まぁ、現場ではよくある光景です・・・

断るのが苦手な私はここでもうまく利用されてしまうのでした orz 終電で返る毎日、時には終電を乗り過ごし、途中で下車してホテルで一夜を明かすなんて日もありました。

それから数日が過ぎ、リーダが必死で探してきた「応援のエンジニア:Aさん」が来てくれるようになりました。とは言え、あくまでも応援ですのでスキル的にそのままサイジング設計を任せることは出来ません。運用設計書もダメ出しの連続で気がおかしくなりそうです。

とりあえず「エンジニア:Aさん」には、項目のチェックや仕様の確認などをやってもらうことにしました。

終電の日々は続くもなんとか納期には間に合う希望が見えてきました。そんな折、さらに追い打ちをかけるように、その「エンジニア:Aさん」がバイクで事故を起こし、全身複雑骨折で入院という嘘みたいな本当の話が起こってしまったのです。一難去ってはまた一難。

さすがにこれはショックでした。というより「終わった・・すべてが・・」 

半ば茫然とした意識の中で手にしていたスマフォを見つめ決意します。

もう無理・・・

気が付くとフォスターネットの 営業へ怒り(八つ当たり)半分、諦め半分の境地で電話していました。 今思うと結構キツイ言葉でいろいろ言った気がします。

その瞬間からフォスターネット全社挙げてバックアップの日々が続きました。

これ以上、うちのエンジニアに理不尽な要求をするなら、引き上げさせてもらいます。

ここまで言ってくれるエージェントって初めて見ました。

朝の会議でも「○○さん(私のこと)に負担をかけさせない」ための会議なんて開いてもらったりしてたらしいです。

その後もフォスターネットの営業の方は、みんながそのことを共有してるみたいで、初めて会う人なのに説明不要な感じで「風通し良すぎない?」って思った覚えがあります。

おかげ様で 設計書は期日までに無事、すべてを納品することができました。

結局、プロジェクトは「フロントエンド」側の遅延でストップがかかり、これから構築というところで終了になってしまったわけですが、その後の保証までしていただけました。

そんなこんながあり、「フリーランスITエンジニア専門エージェント【フォスターフリーランス】」はぜひおすすめしたいエージェントの一つです。

株式会社テクノウェイブ

テクノウェイブにも過去、某案件でお世話になりました。

この現場にはテクノウェイブ経由で、私ともう一人の計2名で現場へアサインされることになりました。当然もう一人とも面識はなかったためあまり会話は弾みません。

気を使って営業さんが一生懸命場を盛り上げます。

テクノウェイブの特徴は、営業担当者の人間力にあると思います。もちろん良い意味でです。

2人で入った現場ですが、もう一人の方がスキルがアンマッチだったようで、現場のリーダからチェンジの要望が出てしまいました。この辺り、フリーランスの世界はとてもドライです。

当然代わりのエンジニアが入るまで、作業の負担は私にのしかかります。テクノウェイブの営業●氏が毎日のように現場に足を運びます。

ふと目が合うたびに「大丈夫ですか?」「大丈夫ですか?」

お昼休みに喫茶店でコーヒーをおごってもらいながら「なにか必要なことがあれば言ってくださいね」「大丈夫ですか?」

まるで「ひな鳥を見守る親鳥のような目」をして「大丈夫ですか?」

IT業界はとてもドライな世界です。その中にあってかなり異質な(良い意味で)営業さんだなぁと思っていました。

自分の心配より人の心配が優先って感じです。毎日、時間を作ってそれも背後霊のように後ろで「大丈夫ですか?」

ここまでくるとさすがに「あなたの方が大丈夫ですか?」ってなってきちゃいますよね(笑

強く感じたのは、損得勘定で動く会社ではなく、まず成果を出して、利益は二の次という会社の姿勢を感じました。営業さんがたまたまだったのかな?

もう一つの特徴は、細かい技術的な話が通ります。普通エージェントって営業的には優れていても技術の話した瞬間「は?」、沈分感奮って感じなところが多いと思うのですが、この会社の上役は皆技術職上がりです。

だと思います。問題が起きて「説明してもわからないだろうなぁ」と思っていたことが、すんなり理解されること多かったです。

例えば、設計当初バックアップの方式で、ストレージの機能を使ったスナップショットの話が持ち上がっていました。復旧時にはスナップショットからファイルを取り出すということだったのですが、ストレージ機能のスナップショットは「ROWデバイス」を「ブロック」ごとコピーするので、ファイルシステムとしては認識しません。

※ このへんはストレージのメーカーによってマチマチです。

ストレージ機能のバックアップとは、初回に業務ボリュームの全データを複製ボリュームへコピーします。その後、更新部分のデータ(差分データ)のみを複製ボリュームへコピーします。コピー量を削減できるため、高速なバックアップを可能とします。また、このコピー方法は、業務ボリュームと複製ボリュームが同一サイズのデータであることから、データを確実に保存しなければならない基幹データベースなどのバックアップに適しています。

復旧するには「ブロック」ごと「リストア」して、OSにファイルシステムとして認識させる作業が必要です。(こんなこと言われても普通わかりませんよね?)

私:「このままじゃまずいな」「だれも理解してないよ」

説明したところで「ブロック? はぁ?」となるのがわかり切っています。実際そうなりました。

藁にもすがる思いでテクノウェブの営業へ相談したところ、すぐに上役が話を聞きに現場へ来てくれました。

そしてなんとテクノウェイブの上役は、普通に理解してたんです。課長経由で私が心配していることをエンドユーザに説明していただき無事何事もなく済みました。

こういうところは本当に助かりました。

テクノウェイブはエージェントというよりは、技術者集団がエージェントも兼業しているといった方があっていると思います。

後で知った話ですが未経験者の募集もしているそうです。未経験で足の止まっている「あなた!」もしよかったら「【IT派遣テクノウェイブ】 」へ相談してみるのも良いと思います。面倒見の良い営業さんに、頼りになる技術集団となれば、行かない手はありません! 非常におすすめな会社です。

みな大変良い人でした。本当にお世話になりました。

よく読まれている記事

1

ここで一つ「資本主義」について考えてみましょう。 目次1 資本主義って何ですか?2 同一労働同一賃金で平等になる?2.1 結局どういうこと?3 では、実際のところエンジニアにどう影響するの?3.1 ワ ...

2

正直、この記事を何のカテゴリーに分けようかすごい迷いました(汗 結果、エンジニアの仕事(将来)に大きくかかわる気がしたため「プログラマーの仕事」枠へ入れることにしました。気が向いたら変わるかもしれませ ...

3

実際のところ、転職相談したくてもイザ相談ってなると結構厳しいものがありますよね? とくにIT業界になると・・「できて当然!」って人ばかりなんでしょ?とかね。 当然スキルはあった方がいいっていうのはわか ...

4

唐突ではありますが、プログラマーとして作業見積もりは非常に重要な仕事です。何故ならこの見積もりを誤ると無事にシステムを開発したはいいが、採算的には大赤字だったなんてことになりかねません。 具体的には下 ...

5

そもそも自分が希望している業界がどんなところなのか把握していなくては、折角プログラマーになっても雰囲気に馴染めずに辞めてしまうなんてことになりかねません。 目次1 IT業界って、どんなところ?2 エン ...

6

キャリアプランを考える上で、あなたが満足な人生を謳歌したいと思うのであれば、まず「あなたの満足とは何か?」という問いに、ざっくりでも良いので答えられる必要があります。 目次1 将来の自分?2 価値観の ...

7

目次1 価値観って?2 知識の価値とは「量」から「質」へ3 技術の向上とともにモノの価値は「無」へ近づく4 付加価値という武器を育てる 価値観って? 価値観とは、何に価値があると認めるかに関する考え方 ...

-IT業界トレンド

Copyright© Beエンジニア , 2020 All Rights Reserved.