Beプログラマー

未経験(ビギナー)からプログラマーになるための勉強法や転職術、業界情報などを現役プログラマーがわかりやすく解説

プログラマーの種類

未経験からWebプログラマーになるには?仕事内容や転職時のポイント

更新日:

未経験からWebプログラマーになるには?仕事内容や求人について

Web(ウェブ)上でサービスをつくる時、大活躍するWebプログラマー。

インターネットでプログラマーの求人を検索するとたくさんヒットするため、気になっているという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなWebプログラマーの仕事内容や年収、働き方に関する情報から、未経験でもWebプログラマーになれるのか?、未経験からWebプログラマーになるための具体的な転職方法、求人探しのポイント、採用されるための履歴書や面接のコツまで、まとめて紹介します。

特に転職方法や求人探しのポイント、採用されるためのコツは、知っているか知らないかで大きく差がでてくる部分です!

異業種や未経験からWebプログラマーへの転職を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

求人急増中のWebプログラマーってどんな仕事?

プロさん
ビギナーくん知ってる?近頃、勢いと求人の多いプログラマーといえばWebプログラマーなんだよ!
ビギナーくん
へぇ~。Webプログラマーってどんなプログラマーなんですか?
プロさん
例えば、ビギナーくんが日々謎のポエムをつぶやいているTwitter。あれもWebプログラマーの仕事のたまものだね。
ビギナーくん
身近なところに!Twitterみたいなサービスを作れたら、利用者も多いし、なんか夢がありますね~!未経験の僕でもなれますか?
プロさん
もちろん努力すればなれるよ!Webプログラマーはプログラマーの中でも、未経験から転職しやすい職業なんだ。

Webプログラマーは、文字通りWeb上のサービスをつくるプログラマーのことです。

実は皆さんが利用しているショッピングサイトや、SNS(ソーシャルネットワークサービス)などのウェブサービスもWebプログラマーが作成したものなんです。

さらに最近は、その他のいろいろなサービスがウェブへ移行されていっているのを知っていますか?

あらゆる買い物はWeb上でできるようになっていますし、オークションやフリーマーケット、写真や書類の保存やレシピの保存、銀行の口座管理、株取引、社内で使うソフトウェアまでもがWeb上で作成される時代になってきているんです!

そういうこともありWebプログラマーの必要性は高まり、求人が増えています。

SNS(ソーシャルネットワークサービス)とは?

SNS(ソーシャルネットワークサービス)とは、人と人をつなぐ会員制のWeb上のサービスのこと。同じ趣味や嗜好、住んでいる地域などの共通つながりを通じて、新たな友人や恋人、仕事仲間など、あらゆる人間関係をつくる場を提供してくれている。代表的なサービスは、TwitterやFacebook、LINEなどがある。

仕事内容や求められるスキル

仕事内容や求められるスキル

Webプログラマーの仕事は、文字通りプログラミングです。

ウェブサイトは、ユーザーの操作で表示されるものが変わります。

例えばショッピングサイトで商品をカートに入れると、購入ページにその商品が表示されるようになりますよね?

これはWebプログラマーが、プログラムで追加された商品を表示するHTMLを作成してくれたからなのです。

そしてそのようなプログラムを作成することがWebプログラマーの仕事となります。

求められるスキルはHTMLやCSSなどの画面レイアウトを作成する言語、そしてJavaScript、PHP、Rubyなどのウェブ上で利用できるプログラム言語になります。

年収や待遇は差がでやすく、自由な働き方をしている人も

Webプログラマーの年収は、人によって大きく差がでます。

年収300万円のWebプログラマーもいれば、年収1,000万円稼ぐWebプログラマーもいるのです。

年収の差は、おもに使えるプログラミング言語やスキルによって変わります。

能力次第で成果が出るため、やりがいのある仕事といえるでしょう。

WebプログラマーはWeb上で仕事をできることもあり、正社員や契約社員、派遣社員として会社に雇用される働き方だけでなく、フリーランスや在宅で働いているという方も多いです。

未経験からでも、将来的には会社に行かなくてもいい自由な働き方ができる可能性のある職種です。

未経験や異業種からWebプログラマーに転職したいなら若い方が有利!

未経験や異業種からWebプログラマーに転職したいなら若い方が有利!

まず、未経験や異業種からWebプログラマーになることは難しくはありません。

なぜならWebプログラマーは求人が多いけれど、それほど難しい技術は必要ないからです!

さっきの求められるスキルについて、プログラム言語はJavaScript、PHP、Rubyとお伝えしたかと思います。

一見覚えることが多く見えるかもしれません。

しかし、これらのプログラム言語は共通点が多く、一つ使いこなすことができれば、ほかの言語もすぐ使えるようになります!

また、HTMLやCSSについては画面レイアウトを作成する言語なので、プログラム言語のような複雑さはなく、とてもシンプルです。

これらをクリアできればWebプログラマーになることはとても簡単です。

ただ、年齢的に若ければ若いほど転職しやすいのは他の仕事と同じで、プログラマーも年齢が上がれば上がるほど求められるスキルは高くなっていきます。

特にWebプログラマーの求人を出している会社はベンチャー企業が多く、社内の平均年齢が若いことも多いため、働きやすさといった点でもWebプログラマーへの転職は早ければ早いほど良いでしょう。

未経験からWebプログラマーになるには?覚えておくべき知識や勉強方法について

未経験からWebプログラマーになるには?覚えておくべき知識や勉強方法について

先ほどもお伝えしましたが、基本スキルとしてHTML、CSSを覚える必要があります。

HTML、CSSの理解が浅くても、ウェブ上で誰かが作ったものを利用してウェブサイトを作成することは可能です。

しかし、知識があるとないとでは仕事の幅が変わってきますので、覚えておいて損はありません。

プログラム言語については、転職時にJavaScript、PHP、Rubyのどれか一つでもあつかうことができれば問題ありません。

勉強方法には大きくわけて下記のような方法があります。

  • 参考書で勉強する
  • Web上のプログラミング学習サイトで勉強する
  • スクールに通う

自分にあった勉強方法を選択し「自分が作りたいウェブサービスを作成する」のがオススメです。

知識をつけるだけでなく自分でウェブサービスを作成すると、技術が身につき転職活動のアピール材料にもなります。

プロさん
Webプログラマーに限った話じゃないけど、未経験からプログラマーに転職したい時、アピールできる成果物があると採用される可能性はグンっと上がる。早くWebプログラマーになりたいなら、資格を取るよりも作ったサービスを企業にアピールする方が近道なんだ。
ビギナーくん
僕はイヌとネコが仲良く交流できるウェブサービスを作りたいですね~

Webプログラマーの求人を探す時のポイント

Webプログラマーの求人を探す時のポイント

年収の幅が広く、キャリアがある方のほうが年収も高いWebプログラマー。

未経験や異業種から転職すると「転職後の方が年収が低い」という可能性も十分あります。

そのため未経験や異業種から転職する方は、転職エージェントに相談をするのがオススメです。

転職エージェントのカウンセラーは業界をよく知っているので、求人の状況やどういった傾向があるかなど細かく教えてもらえます。

ただ、なかにはキャリアのある方をターゲットにしている転職エージェントもあります。

こういった転職エージェントを選んでしまうと、求人の質は高いけど未経験では転職の難しい求人が多いといったことになります。

なので、もし自分で調べて転職したい企業が見つかったなら、企業に直接アプローチをかけるのもひとつの方法です。

また、転職成功率をあげるために、最初の会社は条件を低めに探すという方法もアリです。

最初に待遇が良くなかったとしても、未経験で入社することができれば数年でキャリアを手にすることができます。

そこでさらに転職することができれば、高年収になれる可能性があるだけでなく、フリーランスや在宅など様々な働き方にシフトすることも可能です。

プロさん
私は前にDODA(デューダ)で転職相談をしたことがあるけど、自分が置かれている状況を知ることができてとてもよかったなぁ。
ビギナーくん
Webプログラマーだと、WORKPORT(ワークポート)という転職エージェントも未経験からチャレンジできる求人が多いですね。

アピール方法や有利になる資格について

ポートフォリオなど作品は、WebプログラマーというぐらいですからWeb上で公開して企業に見せる形式が多いです。

ほかにも、GitHubなどのプログラムをアップロード・公開できるサービスがあり、こちらを利用することもあります。

作品となるウェブサービスを優先して作成することはさきほどお伝えしましたが、資格があると熱意があることがさらに伝わります!

少し難しくはなりますが「基本情報技術者」は最低限のIT知識を持っているという証明にもなるため、異業種からの転職に有利です。

ほかにもWebプログラムの資格「Oracle Certified Java Programmer」、「PHP技術者認定試験」、「Ruby技術者認定試験」などの取得もオススメです。

まとめ

まとめ

Webプログラマーになることは難しくありません。

私が考えるWebプログラマーになるため手順はこちらです。

  1. Webプログラマーになるには企業に提出する作品が必要
  2. 自身のウェブサービスを作ってみる
  3. プログラムが必要になったからそこで勉強する
  4. 勉強したものサービスに組み込んでみる
  5. Webサイトを企業に提出し、アピールする

こう書いてみると簡単でシンプルだと思いませんか?

1つでも作品ができれば企業にアプローチしても良いですし、ダメであれば次の作品を作ってみる。

これを繰り返すことができれば、きっと立派なWebプログラマーになっていると思います!

未経験からWebプログラマーに転職したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ビギナーくん
Webプログラマーになるのは思っていたより難しくなさそうですね!
プロさん
もちろん技術を身につける努力は必要だけど、20代なら未経験や異業種からの転職も決して不可能じゃないよ。頑張ってね!

-プログラマーの種類

Beプログラマーのトップページに戻る

Copyright© Beプログラマー , 2018 AllRights Reserved.

ページトップに戻る