Beプログラマー

未経験(ビギナー)からプログラマーになるための勉強法や転職術、業界情報などを現役プログラマーがわかりやすく解説

プログラマーの求人

未経験からプログラマーに!志望動機でおさえるべき3つのポイント

投稿日:

未経験からプログラマーに!志望動機でおさえるべき3つのポイント

業務未経験の方がプログラマーへの転職を成功させるには、前職と同じ職種に転職するよりも多くの努力を必要とします。

おそらく未経験分野への転職としては難度の高いものになります。

けれど、想像しているよりハードルは高くありません。

しっかりと着実に準備を進めていけば現実的に転職することは可能です。

今回は未経験や異業種からプログラマーへ転職する際、転職成功率をあげるための志望動機3つのポイントを紹介します。

付け焼刃の志望動機では通用しない

付け焼刃の志望動機では通用しない

プログラマー未経験の方が転職に際して、最も懸念しているのは志望動機の説明ではないでしょうか。

特に卒業した学校も文系の方は、これまでの経歴に理系の要素を示すものが何もありません。

コンピューターやシステムに関して専門的な知識があることを示すような文章や言葉を使って、企業側に志望動機を伝えなければならないのではないかと不安に思われているかと思います。

もちろん、ここで情報処理について詳しく知っていると企業側に示すことができればスマートで良いのかもしれません。

ですが、下手に知ったかぶりをしたり背伸びをしてかっこよく見せようとすることは止めた方が良いです。

虚勢を張っても面接官にはすぐにばれます。

あなたが応募しようとしている企業は情報処理を専門にしているプロの集団です。

付け焼き刃のような知識は通用しません。

むしろ、そういう泥縄式の準備をすることは相手に不快感を与えてしまうのでしっかりと準備することが大切です。

志望動機でおさえるべき3つのポイント

1. ストレートに熱意を伝える

1. ストレートに熱意を伝える

急ごしらえで知識を詰め込み、知ったかぶりをして専門的な用語を並べて「こういう仕事をやりたいんです」と書いたり話したりしても説得力がありません。

すぐに逆質問をされ、それに答えられなくて万事休すとなります。

それでは、せっかくコツコツと勉強して以前から身についている知識や技術についてまで疑われかねません。

そんな事態になっては勿体ないです。

それよりも、もっと素直にストレートに志望動機を伝えましょう。

異業種からプログラマーになろうと思ったのですから、何かきっかけとなる出来事があったはずです。

たとえば

  • 前職の職場に派遣されてきたシステム開発チームの仕事内容を見て自分もやりたくなった
  • 趣味でスマホのアプリを作っているうちにそれを仕事にしたくなった

そんな単純なことを話していいんだろうかと思われるかもしれません。

でも、そうした「自分にしかない動機」を隠さずに話すことが、採用する側に最も熱意を伝えることになります。

リアルに「プログラマーをめざすきっかけになった出来事」を飾らずにストレートに企業側に伝えましょう。

採用する側も、異業種あるいは未経験なのに応募してきたという点だけでも、「挑戦する前向きな気持ちのある人だ」と基本的にあなたに好意的な印象をもって面接に臨んでいます。

その印象を損なわないためにも、まずは飾らずに素直に自分の言葉で志望動機を伝えることが大切です。

2. 知ったかぶりはNG!勉強してきたこと、知らないことはハッキリと

2. 知ったかぶりはNG!勉強してきたこと、してないことはハッキリと

採用面接において志望動機を話した後に当然予想されるのは、「熱意は分かったが、果たしてどの程度の準備をしてきたのか」という話へ進んで行くことです。

未経験とはいえ、これから転職した職場でプロのプログラマーとして仕事をしようというのです。

情報処理に関する知識がゼロでは、さすがに採用される見込みは低いです。

そこで、未経験ではあるだろうけれど、あなたがどの程度の知識を持っているのか?を確認するための質問を面接官がして来るでしょう。

ただ、ここでも過剰に不安になる必要はなく、背伸びをする必要もありません。

異業種から転向しようと決意した時から、あなたが勉強してきた内容について知っていることを答えれば良いだけです。

はっきり言って、市販の書籍に載っているプログラミングテクニックやシステム運用上のノウハウは実務レベルでは役に立ちません。

なぜなら、どんなに細かく詳しく書籍等の内容を理解しても、企業にはそれぞれ独自のシステム環境があり、独自の実務ノウハウがあるからです。

いくら高度で新しい技術について覚えていても、それほど高評価されることはないでしょう。

それにプログラマーの実務において必要なものとしては、言語やOSといったものの他に、顧客(システムのユーザー)と仕様を検討する対話能力や協働して開発業務を担当するプロジェクトメンバーとのコミュニケーション能力など、高度に専門的なスキルがたくさんあります。

とは言え、知っていることがマイナス点になることもありません。

正しい知識をひとつでも多く学習していることが分かれば、「これなら採用後に研修したこともきちんと修得し、現場で使いこなせるだろう」という判断材料にはなります。

そのためにも、知ったかぶりをしたり、質問されて分からないことをいいかげんに答えたりしないことが重要です。

「その言語のこういう内容については勉強しましたが、ご質問の機能については知りません」と言ったように、理解している部分とそうでない部分をはっきり受け答えするようにしましょう。

実は実務においてもこうした態度は重要で、正確な業務を行うためにエンジニアに求められる資質のひとつでもあります。

自分が勉強してきたこと、知っている技術についてははっきりと答えられるようにしておく。

このことが大事です。

「知ろうとしている」姿勢も大事。情報には常にアンテナを

情報処理の知識に関して知らないことを答えられないのは仕方ないのですが、「知ろうとしていること」についての話題になった時は、積極的に発言する姿勢も重要です。

たとえば、まだ開発が発表されたばかりのOSやソフトについて尋ねられた場合、詳細は知らずともネットニュースや雑誌で読んだ内容でも、知っている範囲のことは答えておきましょう。

こうした質問がされる時は、エンジニアとして常に最新の情報に興味をもっているかどうかを試されている時です。

やはり知ったかぶりは駄目ですが、常に情報に関してアンテナを張っているという姿勢は積極的に見せていくべきです。

3.得意ジャンルをひとつもつ

3.得意ジャンルをひとつもつ

明確な志望動機と情報処理に関する一定の知識を示すことができれば、基本的には合格ラインといえます。

さらに欲を言えば自分の得意ジャンルをひとつ持てれば尚良いです。

「まだ業務未経験なのに得意ジャンルなんて」と思われるかもしれません。

たしかにそうなのですが、先の志望動機のところでも触れたように「こういうことがあったからプログラマーになりたくなった」と思ったきっかけがあるはずです。

それに関連するプログラム言語だとか、システムの仕様(たとえば社内SNSや移動体通信ネットワークなど)があれば更に話が円滑に進められます。

実際に見たり使ったりしたものを例に挙げて、「具体的にはこういうものを手がけたいのです」と志望動機と共に話すことができると、さらに面接官に良いインパクトを与えることができます。

例えば

「比較的短期間で習得できるプログラム言語があることを知り、実際に自分でもプログラミングしてみたところ予想以上に多機能であることが分かりました。つきましては、この言語でシステムを開発する業務に携わりたいと考えています」

といったものでも良いですし、

「以前、職場で利用していた社内システムには様々なコミュニケーションツールがあり、社内の業務を円滑に効率よく進めるのに役立つものであることが分かりました。そのように企業内で有効活用されるシステムの構築に携わりたいと考えています」

というものでも良いでしょう。

こうした具体的な業務上のターゲットを挙げることができると、単なる憧れや一時的な浮ついた感情でプログラマーを目指したのではないということを証明する説得材料になります。

まとめ

まとめ

プログラマーに転職するのに、未経験だから異業種からだからと特に固く考える必要はありません。

コツコツと地道に努力して来たことを素直に伝える。

この姿勢が大事です。

よく読まれている記事

不具合を未然に防ぐ 1

Web(ウェブ)上でサービスをつくる時、大活躍するWebプログラマー。 インターネットでプログラマーの求人を検索するとたくさんヒットするため、気になっているという方も多いのではないでしょうか。 今回は ...

未経験からゲームプログラマーになるには?仕事内容や求人について 2

最近ではテレビゲームやスマートフォンでのゲームも多く、ゲームで遊んだことがある方は多いと思います。 中には「ゲームの開発に関わりたい」とお考えの方もいるのではないでしょうか? 一見難しそうに思えるゲー ...

未経験からJavaプログラマーへ!仕事内容や転職方法まとめ 3

あなたはJavaプログラマーというお仕事をご存知でしょうか? もしかしたらコンピュータに詳しい方だったら聞いたことがあるかもしれません。 Javaはあらゆるコンピュータに使われている超有名なプログラム ...

未経験からSASプログラマーになる方法 4

統計分析にかかせないSASプログラマー。 ほかのプログラマー職種と比較しても、待遇が良く、高収入のねらえる職種です。 ハードルの高いイメージがあるSASプログラマーですが、SAS未経験や文系からでもS ...

アルバイトや派遣でなく就職(正社員)がオススメ 5

システムエンジニア、SEという職種、皆さんはどのような仕事かご存知ですか? 「仕事はハードそうだけど給料が良い」というイメージをもたれている方も多いのではないでしょうか。 今回はシステムエンジニアとい ...

-プログラマーの求人

Beプログラマーのトップページに戻る

Copyright© Beプログラマー , 2018 AllRights Reserved.

ページトップに戻る