Beプログラマー

未経験からプログラマーになるための勉強法や転職術、業界情報などを現役プログラマーがわかりやすく解説

未経験からの転職・就職術

高卒でもなれる!未経験からプログラマーになる方法

更新日:

高卒でもなれる!未経験からプログラマーになる方法

大学への進学や新卒という言葉が当たり前になり、高卒と聞くとどことなくネガティブなイメージがある、そんな現代です。

高卒では希望の職には就けないと諦めていませんか?

もちろん、職業によってはそれなりの学歴や国家資格などが求められます。

しかしプログラマーには資格はありませんし、私も高卒でプログラマーになりました。

高卒の場合プログラマー経験がないのは当然のことです。

高卒でもプログラマーになることは決して難しくありません。

今回は、高卒で未経験でもプログラマーになるための方法をみなさんにお教えします。

大卒でも20代でも応用できるので、よろしければ参考にしてみてくださいね。

高卒ならプログラマー未経験は当たり前

前述の通りですが、高卒であれば未経験なのはプログラマーに限らずほとんどの職で当たり前です。

未経験はハンディにはなりません。

しかし、最低限パソコンを触れて、プログラミング言語が少しは解る必要があります。

プログラミング言語は、最近は教える学校もあるそうですが、

実践で使えるレベルには教えてくれませんので、基本的に独学による勉強が必要です。

企業は、高卒でも甘く見てはくれません。

甘く見てもらえる可能性を信じて就職できたとしても、仕事が大変になるだけで、結局は残業に追われます。

予習の意味も込めて、独学で勉強することは必須と言えるでしょう。

高卒でも年齢が若ければそれほど高いハードルを求められないので、独学で一通りのプログラミングをマスターせずとも採用されます。

まったく未経験からプログラマーに転職は可能?気になる疑問と勉強方法、求人選びについて

採用されるスキルのボーダーラインは後の「作品」の話で詳しくお話します。

普通の中学高校で習った知識で大丈夫?

普通の中学高校で習った知識で大丈夫?

中学や高校でパソコンを習ったと思います。

プログラミングすることをコーディングとも言いますが、決まっているプログラム処理をコードという命令文で記述する作業になります。

コーディングに必要なのはスピードです。

また、プログラミング言語は1文字でも間違うとうまく動きませんので、誤字脱字は許されませんし、文法の間違いもご法度です。

そういう意味では、正確に早くタイプでき、もしタイプミスをしてもすぐに気づくよう画面を見てタイプする「ブラインドタッチ」という技術は必要です。

これは、普通の学校では、なかなかそのレベルまで教えないと思いますし、教えればできるものでもありません。

「ブラインドタッチ」は仕事でやっていればできるようになりますので、今すぐできる必要はありませんが、

キーをみてポチポチ打つ程度では難しいので、「ブラインドタッチ」は練習しておきましょう。

在学中に取った資格は役に立つの?

在学中に取った資格は役に立つの?

高校でも、最近はパソコン関係の資格が多く取得できます。

プログラマーになりたい人には情報処理系の資格があると就職に有利でしょう。

これらの実績は、プログラミング言語にもよりますが役に立つと思います。

ただし、試験と仕事は違うため、こういった資格を重視する企業もあれば、実力・即戦力しか期待しない企業もあります。

プログラマーという職業は、基本的に技術者・作業者であるため、実力・即戦力を求める場合が多いです。

資格はプラスにはなりますが、決定打にはならないでしょう。

役に立つであろう資格

面接時にプラスになる役に立つであろう資格を紹介しましょう。

  • 基本情報技術者試験
  • Javaプログラミング能力認定試験
  • C言語プログラミング能力認定試験
  • 情報システム試験
  • VBAエキスパート

基本情報技術者試験は国家試験に扱われる情報処理技術者試験の一区分で、難易度も高いです。

もしこの試験に合格したなら、それなりに努力できる証になるでしょう。

おそらく中途半端な大学を卒業したというより、ポイントが高いです。

あまり役に立たない資格

列挙しても仕方ないのですが、やはり全く関係ない資格は評価されません。

間接的に関係ある資格も役に立ちます。

実用数学技能検定やワープロ検定(タイピング)も直接関係なくても、プログラミングをやるにあたり確実にプラスに作用します。

これらの資格は、ただ持っているというより、面接時に自らアピールすることが必要でしょう。

ただし、先にも行った通り、この資格があれば100%就職できるものでもないので、あったほうが有利ですが、持っていないからと行ってわざわざ取得する必要はありません。

専門の学科やコース出の方がやっぱり有利?

専門の学科やコース出の方がやっぱり有利?

もちろん、そうでない学科やコースを出ているよりは有利でしょう。

プログラミングでは、PCを使います。

お使いのPCが少しばかり調子が悪かったり、設定を変更したりコマンド画面をいじったりなど、PC自体に慣れていなければそうそう教わるものではありません。

そういったPCへのリテラシーや慣れがあると思われているので、専門の学科やコース出の方が有利といえます。

学科やコースで教えることは、学校によってかなり幅がありますし、プログラミング言語により欲しい能力も違いますので、一概にはいえません。

学科やコースで何を習ったか、なりたいプログラマーに必要な要素と一致しているか、仕事にどのように活かせるかを整理してみましょう。

そして漠然と有利だから良いというわけではなく、なぜ有利かを理解して面接で説明できるようになっておきましょう。

ただし、全く関係ない学科やコースを出たとしても、引け目を感じる必要はありません。

私の経験と知っているかぎり、プログラマーのほとんどの人は学校でPCやプログラミングを習ってない人が活躍しています。

そういった人は、個人で独自にかなりの努力をしていますが、プログラマーは学歴より実力が評価される業界です。

つまり努力が報われやすいのがプログラマーの特徴と言えます!

アルバイトや派遣でなく就職(正社員)がオススメ

アルバイトや派遣でなく就職(正社員)がオススメ

「いきなり正社員で採用されることは現実的じゃないから、まずはアルバイトで経験を積んで…」

という考えの人が少なくありません。

実際、そういう方法はありだと思います。

未経験がプログラマーになるにあたっては、面接でどのようにすれば採用されるでしょうか。

高卒の未経験プログラマーが、どのように面接対策すれば良いかを考えてみました。

未経験プログラマーのアルバイトや派遣は、そもそも正社員に採用されることが前提の、事実上トライアル雇用や試用期間のような扱いである場合が多いです。

そうではないアルバイトや派遣というのは、むしろ即戦力が求められていて、企業的には一時的な人手不足の解消としての採用が多いです。

ですので、未経験者からすると、そういったアルバイトや派遣の方がなりにくいでしょう。

高卒で未経験の10代や20代前半であれば、アルバイトや派遣でも気長に面倒見てもらえたり、正社員に昇格したりとチャンスは巡ってくるかと思いますが、むしろその若さならはじめから正社員雇用を狙うべきです。

正社員を狙って、結果的にアルバイトとして採用になればそれはそれで良いですし、その方が後から「正社員にしてください」とも言いやすいです。

何より、正社員として腹をくくってプログラマーとして頑張りたいという決意が伝わり、より採用されやすくなるはずです。

面接で一番見せるべきは技術より「やる気」

高卒で未経験の10代や20代前半は、プログラマーになりたいといっても未経験が当たり前です。

また、高卒未経験で20代後半や30代であっても、プログラマーは学歴が関係する職業ではありません。

よく言えば中卒でも実力があれば評価され、悪く言えば実力がないと干されます(笑)。

しかし、未経験者がはじめから実力があるわけがないので、どうやってチャンスを掴み、そして活かすかといえば「やる気」を見せることです。

それは、プログラマーになるための面接はもちろん、受かってからの仕事でも「やる気」を見せましょう。

ちょっと細かい話をすると、体育会系的な「やる気」とは少し違います。

大きい声で「はい!」と言うと、煩がられたりしますし、先輩にいろいろ質問しすぎると「自分で調べろ」とか言われます。

私もよく言われました。

このへんは、プログラマー特有の文化かもしれません。

先輩は「自分で調べる力をつけろ」と言いたかったのだと今はわかりますが、当時は困惑しました。

つまり、黙々と自分で調べて頑張る姿勢を見せれば、確実にプログラミングの力がつきますし、チャンスは巡ってくるでしょう。

未経験でもプログラミングで作った作品が必要

プログラマーになるには、実力の証明として、これまで作成した実績や作品を求められることが多くあります。

「未経験なのに!」

と思うかもしれませんが、独学で学んだプログラミング言語とプログラム知識を使って、精一杯の作品を作って見せ、実力を評価してもらいましょう。

未経験でもプログラミングで作った作品が必要

マイナスに考える必要はありません。

これが高卒でもプログラマーになれる所以でしょう!

どんな有名大学に出ても、プログラム作品が良いと評価されれば、学歴は関係なく評価してもらえるからです。

プログラム作品は、WEBサイトの場合は、システムを組み込んだ簡単なWEBアプリや、ゲーム、チャットなどで良いでしょうし、iOSやAndroidのアプリなら実際にリリースしたものが良いでしょう。

どういったものであれ、その作品をアピールする力も必要になります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プログラマーは実力社会ですので、学歴は関係なく誰にでも平等です。

高卒という最終学歴に後ろめたさを感じていつつもプログラマーを目指している方にも十分にチャンスがあるといえるでしょう!

ただし、実力社会ということは、前述も説明した通り、努力を怠るとすぐに若手に追い越される厳しい競争社会です。

楽な社会ではありませんし、実力差が如実に現れますので、プログラマーに就職できてからも頑張りましょう!

私も頑張ります。

よく読まれている記事

1. WEBサイトで勉強する 1

Web(ウェブ)上でサービスをつくる時、大活躍するWebプログラマー。 インターネットでプログラマーの求人を検索するとたくさんヒットするため、気になっているという方も多いのではないでしょうか。 今回は ...

未経験からゲームプログラマーになるには?仕事内容や求人について 2

最近ではテレビゲームやスマートフォンでのゲームも多く、ゲームで遊んだことがある方は多いと思います。 中には「ゲームの開発に関わりたい」とお考えの方もいるのではないでしょうか? 一見難しそうに思えるゲー ...

未経験からJavaプログラマーへ!仕事内容や転職方法まとめ 3

あなたはJavaプログラマーというお仕事をご存知でしょうか? もしかしたらコンピュータに詳しい方だったら聞いたことがあるかもしれません。 Javaはあらゆるコンピュータに使われている超有名なプログラム ...

未経験からSASプログラマーになる方法 4

統計分析にかかせないSASプログラマー。 ほかのプログラマー職種と比較しても、待遇が良く、高収入のねらえる職種です。 ハードルの高いイメージがあるSASプログラマーですが、SAS未経験や文系からでもS ...

アルバイトや派遣でなく就職(正社員)がオススメ 5

システムエンジニア、SEという職種、皆さんはどのような仕事かご存知ですか? 「仕事はハードそうだけど給料が良い」というイメージをもたれている方も多いのではないでしょうか。 今回はシステムエンジニアとい ...

-未経験からの転職・就職術

Beプログラマーのトップページに戻る

Copyright© Beプログラマー , 2018 AllRights Reserved.

ページトップに戻る