Beプログラマー

未経験(ビギナー)からプログラマーになるための勉強法や転職術、業界情報などを現役プログラマーがわかりやすく解説

未経験からの転職・就職術

40代未経験からプログラマー転職は難しいが方法はある

投稿日:

40代未経験からプログラマーを目指すのは無謀?

20代であれば、比較的簡単に未経験の職種に転職することが可能です。

しかし、40代になると求人数や採用される確率も厳しいものになってきます。

もちろんIT業界も例外ではありません。

40代で未経験となると、さらに転職は難しくなってきます。

そうした状況で、どうすれば未経験からプログラマーへ転職成功する可能性が高くなるのか考えてみたいと思います。

40代からプログラマーになるのは無謀か

「年齢を重ねると、プログラマーになることが難しい」

そういわれる理由として、プログラマーの平均年齢の低さがあります。

厚生労働省がまとめる「賃金構造基本統計調査」を元にした資料によれば、プログラマーの平均年齢は31.6歳という結果でした。

平均年齢の低さに驚かれた方も多いのではないでしょうか。

なぜプログラマーの平均年齢は低いのか?

プログラマーは他の職業と比較し、勤務時間が長くなる傾向にあります。

そのため、体力的に無理がきく20代の比率が多いというのが、一般的な見方です。

しかし、実際にはプログラマーを10年以上続けていると、システムエンジニアに転向したり、管理職に昇進するなどして、自然とプログラマーを卒業していく人が多くなります。

その結果、平均年齢が低くなっているのです。

つまり、年を重ねたことが理由でプログラマーをギブアップしているわけではないということです。

60歳過ぎても現役プログラマー

60歳を過ぎても現役のプログラマーとして活躍しているエンジニアが、私の身近にいます。

そのエンジニアは、プログラマーの仕事が好きで、60歳で定年を迎えた後も再雇用の制度を利用してプログラマーを続けており、顧客からの信頼も得ています。

実は、プログラマーの仕事をする上で、年齢はそれほど大きな問題ではないのかもしれません。

40代でプログラマーに転職するには?

40代でプログラマーに転職するには?

プログラマーの仕事は一般的なイメージほど年齢に左右されるものではありませんが、正社員として働けるかとなると話は別です。

冒頭で述べたように、40代からの転職はやはり厳しいです。

ではその中で、少しでも転職できる可能性を高めるにはどうすれば良いか考えてみたいと思います。

プログラミングスクールを活用しよう

未経験からプログラマーへの転職を考えるのであれば、効率良く短期間でプログラミングの技術を身につけられるプログラミングスクールを活用しましょう。

「プログラミングスクールへ通って卒業したものの転職できなかった」という話はよく聞くので、「Creator'sHive」などの転職支援サービスを提供しているところがオススメです。

派遣で実績を積もう

40代の場合、プログラミングの技術を身につけただけでは正社員として採用されるのは難しいでしょう。

実務経験と実績作りのため、まずは派遣プログラマーとして働いてみるのもひとつの手です。

現在、日本のIT業界全体でプログラマーが17万人不足しているといわれているため、登録型の派遣プログラマーであれば働くことは難しくありません

派遣先で実務経験を積めば転職に有利になりますし、そこでの評価が高ければ派遣先でそのまま正社員として採用ということもありえます。

前職の経験を生かそう

企業が40代の中途社員に求めるものは、マネジメント力です。

若手プログラマーを多く抱える企業であれば、プログラマーをまとめる力を持った人材を欲しがるはずです。

前職でマネジメントの経験があり、尚且つプログラミングの技術を学べば、転職活動の大きな武器になるでしょう。

フリーランスプログラマーという働き方

転職活動をしてみて、やはり年齢が足かせになり正社員で働くことが難いと感じたら、フリーランスとして働くことを検討してみても良いかもしれません。

フリーランスとは、企業に所属せず個人で活動するプログラマーのことです。

プログラマーは、フリーランスで働きやすい職種です。

始めのうちはクラウドソージング系のサービスで仕事を探し、仕事になれてきたらIT企業に自身で営業にいきます。

フリーランスは、プログラミングの技術とコミュニケーション能力があれば年齢に関係なく活動できる働き方です。

最新技術で勝負

最新技術で勝負

いま、IT業界で「IoT」「機械学習」「AI(人工知能)」の分野に注目が集まっていることをニュースで見かけることが多いのではないでしょうか。

この分野の技術を持つエンジニアは非常に少ないため、習得すれば転職に非常に有利になります。

競争相手の少ない分野であれば勝機はある

「IoT」「機械学習」「AI(人工知能)」はいずれも急成長している分野で、多くの企業が技術習得にはげんでいます。

私の知人の企業も、”機械学習の分野に詳しいエンジニアが定年退職を迎える”という情報を得てスカウトにいったほどです。

他にも、競争相手が少ないという点で言えば、工場の機械制御で多く使われる「ラダープログラミング」は、扱えるプログラマーが少ないといわれています。

ラダープログラミングの技術を身につけておけば、機械制御を得意とする企業が積極的に採用に乗り出す可能性が高いでしょう。

まとめ

まとめ

40代でプログラマーに転職するのは簡単ではありません。

そのため、積極的にプログラマーへの転職をすすめることはできません。

それでも、もし転職をしなければならない状況になったとき、今回紹介した方法が少しでも役に立つことができれば幸いです。

よく読まれている記事

不具合を未然に防ぐ 1

Web(ウェブ)上でサービスをつくる時、大活躍するWebプログラマー。 インターネットでプログラマーの求人を検索するとたくさんヒットするため、気になっているという方も多いのではないでしょうか。 今回は ...

未経験からゲームプログラマーになるには?仕事内容や求人について 2

最近ではテレビゲームやスマートフォンでのゲームも多く、ゲームで遊んだことがある方は多いと思います。 中には「ゲームの開発に関わりたい」とお考えの方もいるのではないでしょうか? 一見難しそうに思えるゲー ...

未経験からJavaプログラマーへ!仕事内容や転職方法まとめ 3

あなたはJavaプログラマーというお仕事をご存知でしょうか? もしかしたらコンピュータに詳しい方だったら聞いたことがあるかもしれません。 Javaはあらゆるコンピュータに使われている超有名なプログラム ...

未経験からSASプログラマーになる方法 4

統計分析にかかせないSASプログラマー。 ほかのプログラマー職種と比較しても、待遇が良く、高収入のねらえる職種です。 ハードルの高いイメージがあるSASプログラマーですが、SAS未経験や文系からでもS ...

アルバイトや派遣でなく就職(正社員)がオススメ 5

システムエンジニア、SEという職種、皆さんはどのような仕事かご存知ですか? 「仕事はハードそうだけど給料が良い」というイメージをもたれている方も多いのではないでしょうか。 今回はシステムエンジニアとい ...

-未経験からの転職・就職術

Beプログラマーのトップページに戻る

Copyright© Beプログラマー , 2018 AllRights Reserved.

ページトップに戻る